ペンよりも剣よりも強いもの(よし介工芸館・佐藤  貢)

私は前々回のブログに個人的な内容を書きましたが、やはり色々な反応をいただきました。

 

案の定、「ちょっと個人的な内容ですね」と言う意見もありましたし、「ああいう記事は人柄がでて楽しいですね」と言う意見もありました。なかでも私が一番うれしかったのは「これはブログではなく作品ですよね」と言ってもらえた事でした。またこのように書くと個人的な感想を出すべきじゃないとお叱りを受けそうなのでこの辺にしておきます。

 

言いたいことは「どう感じるかは相手次第」という事です。発信側は「こう読み取って読んでもらいたい」と思って発信しますが不特定多数の方が受信する以上、受け止め方は人それぞれです。大切なのはどのくらい受信する側の立場に立って発信できるかという事になるでしょう。

 

「ペンは剣よりも強し」という言葉があります。「言論や思想は権力や武力よりも影響力がある」といった意味に使われてきたと思いますが、今のネット社会ではその言葉通り、情報がそのまま権力に代わり人をある意味、抹殺してしまう危険性まである世の中です。心無い一言の掲載が多くの人を傷つけたり、無責任ないたずらが世の中を揺るがしたりしてしまいます。すべては相手の立場に立つ心の不足から起こっているような気がします。

 

ペンにせよ剣にせよ、相手を思いやる心、信頼、愛情がなければただの暴力にすぎません。

少なくとも、たとえ名前は出さなくてもネットで特定の個人を誹謗中傷することは周囲に波紋を呼び、まわりの人も傷つけてしまうことを自覚したいものです。

 

▼よし介に咲いたチューリップ

IMG_4377.jpg

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

2015年4月
          1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30