最後のアナウンス(よし介工芸館・佐藤  貢)

「ただいまご乗車いただいておりますこの車両は、本日をもちまして南武線の営業運転から引退し、今後はインドネシア・ジャカルタに渡り、走り続けることとなります。まもなく終点の武蔵中原です。電車をお降りの際は、お忘れ物のございませんように、また、この電車との思い出もお持ち帰り頂けたら幸いでございます」

 

ニュースなどでも取り上げられていたのでご存知の方も多いと思いますが、これは南武線の最後の営業運転で終点に近づいたときに流れたアナウンスだそうです。

 

帰宅途中のサラリーマン、部活帰りの学生、行楽帰りの親子。乗り合わせた人たちはどんな気持ちでこのアナウンスを聞いたのでしょう?もしかしたら日々、何気なく通り過ぎてしまう事かも知れませんが、多くの人が、「この電車は毎日利用客と共に、思い出やたくさんの人々の想いを運んでいたんだなぁ」と感じながらやさしい気持ちで聞いていたのではないかと想像します。

 

感じ取る能力・・・。

私のまわりには日々の中であたりまえになってしまって気付けないでいる事、自分のコンディションによって見えなくなる事、とっても大切な事なのについ見過ごしてしまう事などがたくさんあるような気がします。

気付いていればもっとやさしい気持ちになれるのに・・・。

 

感じ取る能力。もっと大切にしたいと思いました。

 

3733752i.jpg

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

2016年3月
          1 2
3 4 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30