創意工夫(法人本部・サービスセンターぱる 石川 歩)

先日、人生初の確定申告を行うため、税務署の特設会場に行ってきました。立場上年末調整事務は毎年おこなっていますし、公的機関に行って手続きすることにも慣れています。インターネットで調べて必要書類を揃えて、軽い気持ちで税務署へむかいました。


 ある程度想定していたので驚きはしなかったのですが、順番を待つ列に並んでから計算書類を書き込むテーブルにたどり着くまでに約1時間。計算書類を書いた後は別の列に並んで、パソコン入力する場所にたどり着くまでにまた約1時間。大変でした。税務署が電子申告(e-Tax)を推奨しているのも納得です。恐らく一昔前は今以上に大変だったのだろうと容易に想像ができました。対応している税務署職員のみなさんも、34人を相手に説明をしていて息つく暇もない様子でした。


 その状況を見ながら、何か工夫できないか、違う仕組みにできるのではないか、などと思考を巡らせていました。素人考えなので良いアイデアは浮かびませんでしたが、自分の業務を思い返したときに、慣れている人にとっては当たり前でも、そうでない人が見ることで感じとれる違和感や疑問があると、改めて気づかされました。


 あと一ヶ月で新年度を迎えます。新しい場所、新しい立場、新しい視点だからこそ気が付けることも多々あるかと思います。そういった発信を受け止め、活かし、創意工夫につなげられたら・・・勇気と努力が必要ですが、利用する側にとっても、働く側にとっても、お互いにプラスとなる変化を続けていきたいです。

DSC_0250.JPG

          (写真)先週の写真に関連付けて。我が家はネコびいきなので。
ページトップへ

最新のおしらせ

過去のお知らせ

2018年3月
      1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31