「さつきの空に思うこと」(事務局 石塚 和美)

新年度を迎えて、早くもひと月が経ちました。昨年度に一番初めに書いた施設長・課長日記を読み返してみました。昨年の目標「仕事も私事も充実させる」。日々の業務や事業計画で挙げた内容について、淡々と取り組んだ一年でした。一歩一歩前に進んでいる実感を持った一年。取り組むことができなかったものもありましたが、今年度も引き続き一つひとつ丁寧に取り組んでいきたいと思います。

 

事務方は、どちらかというとひとり仕事のイメージがありました。昨年度は事務局体制の強化を掲げて物事に取り組んできましたが、上司や同僚、他部署との連携、チームワークの重要性を深く感じました。

毎年、4月に全職員を対象とした職員研修「法人全体会」を開催しますが、今年は4月

7日に行いました。研修の中で、『ネクストプランⅡ(詳しくは藤沢育成会ホームページの 「2017年度事業計画」をご参照ください)に関する取り組み報告と将来像』という内容で、参加している常勤職員・非常勤職員・ヘルパーさんがまざり合い、3つのグループに分かれて、それぞれのテーマでディスカッションを行いました。どのグループも活発に意見交換が行われており、改めで自分自身もこのチームのメンバーなんだと実感し、沢山のエネルギーをいただきました。

 

よく「5月病」と言いますが、病気にかかる間もなくひと月が経ちました。仕事場の机の上で、初夏のような空を見ながらこの原稿を書いています。忙しい中にも、わくわく感があるのは、なかま、チームを感じることができているからでしょうか。

 

今年は法人設立30周年を迎え、いくつかの記念行事を開催する予定です。30年の歴史の中で培ったこと、大事にしてきたことを、これから先につないでいく節目の年になります。

自分自身も、このチームの中で役割を果たしながら成長していきたいと思います。

シャガ.jpg

                                                  ↑ シャガ

シバザクラ.jpg

                       ↑ シバザクラ

ツツジ.jpg

                      ↑ ツツジ
ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

2018年5月
    2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31