「海の道」(湘南セシリア 妹尾 貢)

みなさんのよく乗る乗り物はなんでしょうか?

 

自動車やバイク、または電車?

 

他にも、旅行好きの方は、新幹線や飛行機、若者はスケボー、なんて人もいるかもしれません。

 

私は、船です。

 

釣り船や、フェリー、渡し船など、機会があれば良く船に乗ります。

 

水面を滑らかに、ときに荒れた海を勇壮に進む船が好きです。

 

いままでは、だれかが運転する船に乗せてもらうの専門でしたが、自分で運転したくなり、免許を取りました。

 

国家試験には、筆記試験と実技試験があります。学科は教科書や問題集、実技は講習会に行って勉強しました。

 

自分は、車もバイクも運転しますが、船も同じように、ガソリンやディーゼルのエンジンで動きます。が、動き方は全く違います。風や波の影響を受け、タイヤやエッジなどの接地面もないので、最初はまっすぐ進むことすら、ままなりません。

 

交通ルールはあります。基本的に右側通行です。しかし、車線などというものはありません。

信号もありません。道路標識もありません(浮標や、灯台などが時々ありますが)。

 

あたりまえですが、道路地図もありません(海上マップルなんてありません。海図ってのがありますが...)。

 

他船とのコミュニケーションは、汽笛や灯火(赤、緑、白)で行います。

 

海のまんなかには、ガソリンスタンドなどありません。コンビニもありません。出発するときは、準備万端でなくてはなりません。海上でトラブルが起きたら、自力で対処しなければなりません。

 

海のまんなかは、限りなく自由で、その分リスクもあります。

 

つまり、かなりの非日常的な体験なわけです。

 

このように、われわれ現代人にとっては、縁遠く、非日常的になってしまった「船」という乗り物ですが、実は人類が最初に生み出した乗り物だと言われています。

 

まだ免許とりたてで、初心者マークの船長ですが、行ってみたい場所ややってみたいことが沢山あって、夢が広がっています。

 

妹尾課長201812ブログ写真.jpg

ページトップへ

最新のおしらせ

過去のお知らせ

2018年12月
  1 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31