「年末年始の過ごし方」(湘南だいち 三嶌 悟)

湘南だいちの三嶌です。あけましておめでとうございます。

年末より、「平成最後の○○」をメディアがたくさん発信していました。

今回の年末年始は、お正月の雰囲気もありましたが、どちらかというと「平成最後の○○」の印象が強く残りました。

 

さて、みなさんは年末年始をどう過ごされましたか?私は、ほぼ毎年「ルーチン」的なお正月を過ごしています。それは、妻の実家(栃木)に帰ることです。そして、31日には義父が作る、手打ちの年越しそばを食べるのが毎年恒例となっています。また元旦の朝には、家族揃っておせち料理を食べています。結婚して以来、年末年始はこの生活を続けています。

 

初めは、緊張の一点でしかありませんでしたが、慣れてくると今では上記の過ごしがないと、新年がスタートしたと実感がありません。

この「ルーチン」的な年末年始の過ごし方も、今回は少し流れを変えてみました。昨年以前は、妻の実家(栃木)に直行していました。今回は、事前に観光スポットに立ち寄ってから妻の実家に行くことにしました。ちょっとした小変更ですが、流れを変えてみることで、新たな気づきも生まれてより充実感が増しました。

 

私たちの生活や仕事の中でも、「ルーチン」的なものは様々あるかと思います。みなさんもふとした日常の中で、自分なりの「ルーチン」を振り返ってみてはいかがでしょうか。

本年もよろしくお願いいたします。

 

初詣 葉山 森戸神社付近より.jpg

 

 

*写真は、「初詣 葉山 森戸神社付近より」

ページトップへ

最新のおしらせ

過去のお知らせ

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 23 24 25 26
27 28 29 30