【波多江式インディアン的福祉論!? ⑨】 (湘南ゆうき村 アポロ 波多江 努)

現在のアリゾナ州北部周辺に保留地があった「ホピ族」は聞いたことのある方もおられるのではないでしょうか。

シルバーアクセサリ―のデザインやカチナドールでのココぺリやサンフェイスなどを見たことがある人もいるかもしれませんね。

 

そのホピ族に「かんしゃくを起こすと、友人を失う。嘘をつくと、自分自身を失う。」という言葉があるそうです。

 

「かんしゃくを起こすと友人を失う」という文章は、「友人」を「隣人」に変えてみる...。

隣人は自然と離れていきます。不快を感じたり、(自分が)承認されていないことに寂しさを感じますね。

 

また、「嘘をつくと」の部分を「妥協やごまかし」等の言葉に置き換えてみると、自分が大切にしようとしているモノを見失ってしまう危険があります。

 

この文章を書いていて、ふと思いましたが...

「(将来の夢)インディアンになる」は、「自分自身になる」ということなのかもしれません(悩)

 

 

画像009.jpg

 

 

オーバーレイのコンチョ  

数年前にオリジナルデザインのコンチョを作ってもらいました。

ページトップへ

最新のおしらせ

過去のお知らせ

2019年5月
  1 3 4 5 6
7 8 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31