日記

津久井やまゆり園へ②(湘南セシリア 小野田智司)

湘南セシリア

2019年12月 津久井やまゆり園へ訪問した

2020年1月より20167月にあった事件の裁判が始まる

 

解体工事も進んでおり

やはり思ったのは

解体工事後、ここにまた施設

今回の訪問では以前に感じた

生活する声や動きを感じることができなかった

 

年が明け1月にはいると

ニュースでたびたび報道され始めた

神奈川県としての考え

ご家族としての考え

施設・職員としての考え

マスコミとしての考え

そして世間の人の考え

でもなかなか知的に障害のある方本人の声を

ニュースとしては聞くことが少ない印象をもつ

事件後の混乱から、

私の中ではもやもやとずっとしている

様々なニュースや書籍に触れれば触れるほど

周囲の人の様々な反応に触れるほど

心がほんろうされ

もやもやが増えていく

障害があっても、そうではなくても

日々みんな生活している

失敗する事もたくさんあるけれど

笑ったり、怒ったり

泣いたり、悲しんだり

毎日いろんなことが起きている

それが当たり前な生活なんだろうなぁと

最近よく感じる

湘南セシリアでは1

成人のお祝いの式を行った

当たり前の日々の中の特別な1

一緒に過ごすことができてうれしかった

★200115 成人のお祝い 湘南セシリアカメラ (38) 2枚目.JPG

 

横浜地方裁判所はこの事件について

3月16日に判決し

9月30日に決定する

200204 ★課長日記 津久井やまゆり園に訪問②  3枚目.JPG

この記事を書いた人

湘南セシリア 課長
小野田 智司

管理職の中で女子力(?!)の高さダントツNO.1!いつの間にか女性の輪の中心にいることも?!お手製の編みネクタイを身に着け颯爽と、テンポ良く仕事をこなします♪井戸端会議も大好物~!さぁ、みんなで楽しくお仕事しましょう!