「こどもの日」に (小川)
東北のこどもの日.jpg

写真は宮城県石巻市の被災地で撮ったものです。

4月14日付けの被災地施設調査報告にもあるとおり、
神奈川県知的障害施設団体連合会では、
被災事業所の人的支援等を目的に、
各法人・事業所から人員を派遣しており、
4月21日からの第3陣の一員として法人から小川が派遣されました。

第3陣5名は石巻市にある第二ひたかみ園と
同市のかもめ学園で支援現場の補助をしてきましたが、
4月24日に半日時間をいただき、被災現場に行きました。
想像を絶する圧倒的な情景の中から切り取りました。

甍の波の無くなった現地でも
「物に動ぜぬ姿あり 百瀬の滝を登りなば 忽ち龍にになりぬ わが身に似よや~」という
歌詞を想い出し、復興へのメッセージを鯉のぼりが伝えてくれているように感じました。

「ひとり一人ができることを~」
法人の理解、同僚の協力を得て、9日から再度現地へ向かいます。
(社会福祉法人藤沢育成会は継続的に職員派遣の予定があります。)

みらい社施設長・小川  陽



ページトップへ