法人内の相談支援専門員研修を開催しました!

6月16日(土)に当法人内における相談支援専門員研修を開催しました。今年度から相談支援の制度が変わり、サービス内容やシステムの共通理解をを目的に開催したものです。

14名の相談支援専門員を対象に、午前中は自立支援協議会の特定相談部会報告(尾上主任より)、障害児相談事業報告(佐藤課長より)、相談支援の実務内容やプロセスなどの講義(河原施設長より)、午後は3グループに分かれてグループワーク。共通の事例を検討し情報の抽出・集約・分析と計画作成プロセスを行いました。併せて書式の使い方も意識する内容にしました。

個人的な感想ですが、ポイントはご本人の意向と情報の集約・分析と支援方針と目標の立て方だと感じました。課題や困っている事を支援する過程において、いかにご本人の強みを生かせるか、ご本人の傍にいかに寄り添えるか、が大事だと感じました。

事例検討の演習が、予定時間をオーバーしてしまう盛り上がり!事業所間を超え、階層や役職も一にした取り組みはいいものです。ご本人や支援者間との快適な距離感を保ち、ともに感じ、悩み、考える機会になったと思います。さて、次回どのような内容なのかは・・・お楽しみで。
(研修担当:伏見康一)

120616_1434~01.jpg120616_1435~01.jpg

120616_1657~02.jpg

ページトップへ