スリランカから研修生を迎える

社団法人日本発達障害福祉連盟では、JICA(独立行政法人国際協力機構)の委託を受けて、1980年から開発途上国の知的障害福祉関係者を対象とした研修事業を行っています。今年度は6か国から8名の研修生が5月30日から二か月の日程で研修を行っています。
この研修の一環として、7月3日、スリランカからクラトゥンガさんが藤沢育成会を訪問し、湘南セシリア、みらい社、湘南ゆうき村を見学されました。クラトゥンガさんは、スリランカ社会サービス省の社会サービス担当官で、現場でのサービスの実情や制度の仕組みなどを熱心にしていました。

▼湘南ゆうき村を見学したクラトゥンガさんさん(右から二人目)

slirannka.JPG

ページトップへ