ぱるスタッフ・ヘルパー研修 ●合理的配慮ってなんだろう●

6月24日(火)に、湘南あおぞらのオープンスペースを借りて、2014年度2回目の「サービスセンターぱる スタッフ・ヘルパー研修」を行い、常勤、非常勤、登録ヘルパー合わせて、54名が参加しました。

 

合理的配慮ってなんだろう」のテーマのもと、先月行った研修との連続性を持たせた内容の研修です。

 


↓前回の様子(スタッフ日記)

http://www.f-ikusei.or.jp/staff/2014/05/post-326.html

 

▼54人が参加

54人が参加.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は奈良崎真弓さんです☆彡

下記3部構成で行なわれました。

 

1:奈良崎さんってどんな人?

2:質問タイム。○×で答えてね。

3:合理的配慮ってなんだろう?

 

▼スライドを使って自己紹介する奈良崎さん

スライドを使って自己紹介する奈良崎さん.JPG

 1:奈良崎さんってどんな人?

 奈良崎さんの人となりがよくわかる自己紹介でした。

赤ちゃんのころ~30歳までの写真を交えて自己紹介していただき、成長やこれまでの活動の変遷を知ることができました。

 

 

 

 

2:質問タイム。○×で答えてね。

 6つの質問に対して○×で答え、指名された人が、理由をみんなに発表するという方法で行ないました。

 質問内容

 ① 障がい者が普通のひとと同じように生活ができますか?

 ② 障がい者は自立できると思いますか?どんなことですか?

 ③ あなたにとって、障がい者の支援の仕方でいい方法はありますか?

 などなど 6問が用意されました。

 

▼○×クイズの場面

○×クイズの場面2.jpg

 ○×ですぐに回答する必要があり、参加者は迷いながらも○×のカードをあげて回答していました!

 

 

 

 

 

 

3:合理的配慮ってなんだろう?

 

おまけ:本研修で頑張った人に奈良崎さんからメダルが贈られました☆彡

 

▼メダルをもらってピースするT職員

メダルをもらってピースするT職員.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回スタッフヘルパー研修は924日、テーマは「障害理解」です☆彡


さっそく次回に向けて、担当職員が準備をはじめましたので、お楽しみに!

 (サービスセンターぱる 研修担当 小野田智司)

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ