日記

積み重ね(湘南ゆうき村 三嶌悟)

湘南ゆうき村

2020年もよろしくお願い致します。

先月のことですが、休日に理髪店に行きました。順番待ちをしていると、お客さんと店員さんが会話をしていました。内容は、世間話から自分の現況などで、耳に入ってくる情報からどうやら障害福祉サービスを利用している様子でした。話が盛り上がると、話し続ける状況なので、なるほどと仕事の勘が働きました。話し続けるお客さんに対して、店員さんは慣れた様子で、頷いたり時折返事をしていました。その様子は、お互いに自然体でやりとりをしていて感心しました。髪の毛を切り終わると、そのお客さんは家に連絡し、しばらくすると家族が迎えに来ました。何度も利用しているのか、家族も店員さんと親しげに話していました。

ふと、私は前日のことを思い出しました。それは、前日に「道草」という映画を観てきました。「道草」は、障害者の自立をテーマにした、重度訪問介護サービスの状況を追ったドキュメンタリー映画です。映画では、利用者と支援者のやりとりが親密に描かれています。映画の場面が、理髪店でのやりとりと丁度重なったわけです。

サービスの拡充はもちろん、何より利用者と支援者とのやりとりの積み重ねや、お互いを理解し合い尊重する大事さを改めて感じた一時でした。

2020年のスタートです。怪我なく、今年も前に進みます。


この門松は、町内の方による手作りの門松です。

②(門松のアップ).JPG

この記事を書いた人

湘南ゆうき村 施設長
三嶌 悟

こう見えて実は…イベント大好きな根っからのお祭り人間!!!季節の行事は練りに練った綿密なプランで楽しみます。そして、法人内で記念すべき男性の育休取得第1号、イクメンの先駆けとなりました。男性職員よ、我に続け~!