施設長・課長日記

  • home
  • 施設長・課長日記
藤沢育成会 施設長・課長日記 | 最新の日記
指導者 (よし介工芸館 佐藤 貢)

年明け最初の日記ではありますが、この時期「あけましておめでとうございます」のごあいさつはするべきなのかどうなのかと迷い調べたところ、特に決まりはなく地域や風習によるのだそうです。「な~んだ」と思いながらついでに「初詣」やら「松飾」やら「年賀状」についても調べてみた好奇心旺盛な私でございますが本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 さて、この正月スポーツ好きの私にはとても関心があり注目していた二つの出来事がありました。ひとつは箱根駅伝の青山学院大学の4連覇。もう一つは全日本大学ラグビーの帝京大学の9連覇です。別に両校に思い入れはありませんし、どこが勝ってもそこにはドラマがあり感動するものなのでお正月の楽しみのひとつなのですが、勝ち続けることは年々難しくなるし、期待も大きくなるし、プレッシャーとの戦いもあるし選手達がどんな表情で試合に臨むのか関心がありました。

 

 大学スポーツなので4年生選手にとっては入学してから卒業までの4年間での努力の結晶という事になりますが、連覇ということになると選手の力だけではなく継続可能なしっかりした組織を構築する事が必要です。勝つことと勝ち続けることの違いといっていいのかも知れません。青山学院大学の原監督、帝京大学の岩出監督。連覇にはこの二人の指導者の力が大きかった事は言うまでもありません。二人とも連覇が始まるまでには長い年月を費やしています。きっと紆余曲折があり組織を地道に築きあげて来たのでしょうが二人に共通なのは「志」はずっと変わっていないことだと思います。ここが揺らぐとそれ以下の組織もその都度1からやり直しになってしまうからです。

 

 以前ですとスポーツ界での組織の構築というと選手とコーチとの関係を指したのでしょうが最近ではトレーニング方法は最新のものが簡単に入手できます。従って指導者にはより高度なマネージメント技術が要求されるようになってきています。強いチームを継続するためのマネージメントとしては栄養管理、健康管理、リクルート活動、資金調達などがあげられます。特に資金調達は強いチームを継続するために重要な要素になっています。そしてこれらすべてをマネージメントするのが指導者ということになりますがそこには「信頼」「尊敬」「謙虚さ」が不可分であると思います。

 

肝心の選手育成はコミュニケーションを重視し、考え方を共有した後は「自己管理」「自分で考える」「考えを尊重する」「先輩が教える」など選手の自主性を重んじていることが二人の指導者の共通点であるように思います。指導者の役割は「弱いものを強くする」のではなく、「それぞれの部署を、組織が最大限に効率よく成長するためにマネージメントする」ことなんだと思います。いわゆる「縁の下の力持ち」ですよね。「一将功成りて万骨枯る」。人を活かし組織を活かすマネージメントのできる指導者が真の指導者、という事だと思います。「それにしては前人未到の9連覇で日本代表もたくさん出している岩出監督に比べて、まだ4連覇の原監督は前に出過ぎだし、周りも持ち上げ過ぎだな」とやっかむ私でした。

GAKH1768.JPEG

                                  今年は戌年

>>・・・続きを読む

新年明けましておめでとうございます。(湘南ゆうき村・相談支援プラザ 河原雄一)

新年明けましておめでとうございます。

(年頭の所感!?です。)

2018年、新しい年がスタートしました。そして1月2日に誕生日を無事に迎えました。

毎年、年が変わると新しい手帳を購入します。その手帳の初めのページに「年頭の所感」を記入するページがあり、毎年仕事始めの日に自分なりの所感を書きます。

今年の所感は「熟考すること」「気負い過ぎないように心掛ける」「健康に留意する」の三点です。このことを心掛けて一年を過ごしたいと思います。

さて、正月と言えば2・3日に箱根駅伝があります。戸塚中継所を過ぎ、国道1号線を通って遊行寺坂あたりからの藤沢市内の風景は馴染みがあるので、ついつい、中継の映像に見入ってしまいます。駅伝の結果は皆さんご承知の通り、総合優勝は青山学院大学が4連覇を果たしました。

箱根駅伝に関しては、表舞台で走る選手がクローズアップされがちですが、裏舞台を含めた色々なドキュメントが報道されていました。その中で、優勝した青学の原監督が「箱根駅伝で優勝したのは、選手として走らなくても、4年生の力が大事だった。」と話していたのが印象に残りました。駅伝は、走っている選手を下支えする、4年生を含めたスタッフの結束力があってこそ優勝できるんだと感じました。

2018年、社会福祉法人藤沢育成会は、法人設立30周年を迎えます。利用者・家族の皆様、関係する方々、諸先輩の方々、今、支援を一生懸命行っているスタッフの方々、残念ながら、色んな理由でお辞めになった職員の方々など、30年の歴史を刻むには、色々な方々の思いが、駅伝の襷のように受け継がれ、今に至っていると思います。その歴史と伝統の襷は、これからの未来に向け受け継いでいってほしいです。

「藤沢育成会」はチーム・組織としての結束力を求められる、勝負の年かも知れません。

 

       〇2018年元旦、友人が初日の出を送ってくれました。初日の出.jpg

 

(藤沢市役所です。)

今年の施設長日記の倉重常務理事が、新築された藤沢市役所のことについてコメントを書いていました。「なかなか鋭いことが書いてあるなって」感じました。

先日、初めて業務で藤沢市役所に行きました。内部を見て「へえ~。すごいな~。」って感想を持ちました。それ以上コメントは取りません。新しい市役所から見た風景をご紹介します。

 

        〇新しい藤沢市役所9F市民ロビーから見た夕陽の富士山などの風景夕陽の富士山.jpg

 

                 〇新しい市議会議場の風景市議会議場.JPG

 

 

                   〇5F庭園からの風景5F庭園.jpg

昨年末、障害福祉サービス報酬改定率が+0.48%で決まりました。また、懸案だった食事提供体制加算も継続が決まりました。年明けから報酬改定の各論がスタートします。「気を確かに持って」一年過ごしたいと思います。

本年もよろしくお願いいたします。(筆者合掌)

>>・・・続きを読む

第40回「新年あけましておめでとうございます。」(湘南あおぞら・サービスセンターぱる)倉重達也

新年明けましておめでとうございます。

 昨年は朝鮮半島情勢などの物騒な話題が多く不安な一年でした。今年は希望に満ちた明るい年になって欲しいと願わずにいられません。

 皆様はどんな気持ちで新しい年をお迎えになりましたでしょうか。

 

 ところで、14日から仕事始めのところも多いと思いますが、藤沢市役所も新庁舎が完成し4日からそこでの業務も始まるようです。

 新年早々からこんなコラムも如何なものかと思いながらこの原稿を書いていますが、新庁舎を見てその異様な大きさに、正直、圧倒されてしまいました。前の本庁舎はそんなに威圧感がなかったのですが、地上10階地下1階の建物で堂々としたものです。

 市民42万都市でこの大きさが適当かどうか比べてもいないのでよくわかりませんが、その佇まいだけを見ると、まるで江戸時代のお城が現代に復活したような感じです。

 

これはけっして良い意味でいっているのではなく、時代錯誤も甚だしいのではないかという皮肉をこめた上でのことです。この建物を見て、私たちの豊かさのシンボルだと思う市民がどれだけいるでしょうか。

未だに、「御上(おかみ)」が幅を利かす時代なのかと思うと暗然たる気持ちになってしまいます。

下々(しもじも)から年貢を取り立てて威容を誇る新庁舎」というのは言いすぎかもしれませんが、何か市民の暮らしと乖離している気がしてなりません。

 

 こんな懸念を吹き飛ばすには我々市民一人一人がもっと市政運営に感心を持ち、税の使い道や議員の活動を注視していくことが必要なことではないかと思います。

 健全な市政には成熟した市民を育てることが必要だということを改めて感じました。

 

第40回 写真.JPG

                  

                 (写真)藤沢市新庁舎

>>・・・続きを読む

巡り合わせ③ (湘南だいち 三嶌悟)

湘南だいちの三嶌です。師走に入り、寒さが一段と増してきましたね。

これまで私が書いてきたことは、「巡り合わせ」ということで、1回目は物(パン)に関わること、2回目は人(名前)に関わることを書きました。今回3回目は、「お金」にまつわる「巡り合わせ」です。

それは、学生時代にアルバイトをしていた「焼肉屋さん」での出来事です。学生時代、一人暮らしをしていたので、まかないがあるところでアルバイトをしていました。(1回目記載のパンのアルバイト時代も見切り品をもらっていました)お店は、商店街の一角にある17時から22時までの営業です。従業員は、オーナーのおかみさんと私、私の友人の3人でした。(きっかけはアパートの大家さんの紹介です)30坪程度のお店で、先代オーナーが亡くなり、娘さん(おかみさん)が引き継ぎました。おかみさんの一家は資産家なので、道楽的な経営でした。休憩時間にはまかないが出され、まかないは商品としては出せない切れ端やおかみさん手作りの品です。このまかないを通して、肉の種類や部位、おいしさを知りました。

アルバイトを始めて8か月が過ぎたころ、おかみさんから「この店あと3か月で閉めるわ。だから三嶌君達に、残りの3ヶ月お店を任せるわ。すきにやっていいよ」と、突然の衝撃告知でした。次のアルバイト先のことより、3ヶ月間お店の仕切りをどうするのかで頭がいっぱいでした。それから3ヶ月間、おかみさんに聞きながら、肉の仕入れや経費の算出など、最後に一花咲かせようと友人とチラシ作成や呼び込み、セール企画など見よう見まねで経営面の勉強や切り盛りをしました。

あれから20年近く、今となっては貴重な経験です。課長職として管理や経営面に携わる中、ふとした時に「焼肉屋さん」のことを思い出します。たったの3ヶ月間でしたが、がむしゃらにお店の運営を考えてました。かじった程度ですが、商品管理や経営の仕組みを学びました。思えばその時は、自分で考えて・行動して・分析していたことを思い出しました。それはまさに、湘南だいちの職員目標である、「こう(考)・どう(動)・しん(振りかえる)」にも繋がっていたのだと気づきました。

これからも、初心と経験を大事にしながら邁進していきます。

写真 12月.JPG


          ↑ 12月上旬、湘南だいちで交通安全と社内安全を祈願しました。

           年の瀬となりました、みなさんよいお年をお迎えください!!

>>・・・続きを読む

『日本シリーズ観戦。からの雑感』(湘南あおぞら 宗像喜孝)

福岡ソフトバンクホークスのファンの皆さんおめでとうございます。そして、我らが横浜DeNAベイスターズファンの皆さん、残念でしたが来年が楽しみですね。十二球団の中で選手の総年棒が一番高いソフトバンクホークスと、一番低いベイスターズが、日本シリーズでここまで熱戦を繰り広げるとは、誰が予想出来たでしょうか。

 

「男子、三日会わざれば括目(かつもく)して見よ」(『三国志演義』)という慣用句があります。三日間あれば人間は大いに成長し変わることができることを言っているのですが、まさにその慣用句の実際を見たようでした。ベイスターズは、経験値、実績ともに浅く、若い選手が多いチームです。その選手一人一人の努力だけでは、きっとこのような成長はなかったと思っています。そんなチームが、実績のある常勝軍団のソフトバンクを相手に、なぜギリギリまで追い詰めるほどまでに接戦ができたのか。その一つの要因は、ベイスターズの選手たちが、ラミレス監督の言葉を信じ、素直に受け入れ、自分たちの取り組みを一生懸命に行い続けた結果であるのではないかと、私は思っています。監督が選手にきっかけを与え、選手一人一人の取り組みを尊重し、信じ抜いたこと。そして、その監督の姿勢に、選手が努力と結果をもって最大限に答えようとしたこと。

 

ベイスターズのオーナーである南場氏は、日本シリーズ後に「『諦めないこと』『工夫すること』『信じ合うこと』の素晴らしさを示してくれた選手、監督、スタッフ全員に感動しています」と述べていました。まさに同感です。次年度もベイスターズを通して、チームのあり方、組織のあり方を楽しみながら勉強していきたいと思っています。

 

宗像課長201712写真.JPG

                                    ↑ 日本シリーズ第四戦、横浜スタジアムにて

>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年1月
  1 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31