施設長・課長日記

  • home
  • 施設長・課長日記
藤沢育成会 施設長・課長日記 | 最新の日記
『好きな言葉は「情熱」です・・・!?』(湘南あおぞら 宗像喜孝)

新年あけまして、おめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

昨年は、自分では思いがけず、健康不安に苛まれる一年でした。今年は、自分の体が40代を目前に控え、成長曲線の下り坂に差し掛かっていることを自覚し、しっかりと健康に留意していきたいと思います。

 

さて、どこかの美容外科クリニックのCMに出てくるような表題の言葉ですが、今回の原稿は、新年を迎えたので、自分の今年の抱負を含めて、大学の恩師とのエピソードを紹介したいと思います。

数年前に、大学の恩師と食事会を行った際に、ふと、なぜ恩師が福祉の業界に携わることになったのかを尋ねることがありました。その恩師は、教師であった父の仕事の関係で、幼少期を北九州で過ごし、そこでの経験がその後の人生に大きく影響したそうです。掻い摘んでお話しすると、幼少期の恩師がその当時一緒に遊んでいた友達の住んでいる場所や、その友達の父親の職業、収入などを理由に、その友達がひどいいじめにあっており、その子と遊んでいた恩師に対してもそのいじめが及ぶことがあったそうです。恩師は、その当時の時代背景と北九州という土地柄も関係していたともおっしゃっていましたが、時には周囲の人に石を投げつけられ、履いていたスカートを裂かれたこともあったそうです。当時では当たり前の光景だったのかもしれませんが、幼少期に経験したそうした理不尽さや不条理に対する「怒り」(恩師は「情熱(パッション)」とも表現していました)が、今の活動の原動力となっているとお話されていました。大学を離れられてからもなお、現在も精力的に新しいフィールドを見つけ、活動されている恩師の普段垣間見ることのない一面を見た食事会でした。

仕事に対する原動力は人それぞれあるとは思いますが、恩師に感じた熱い「情熱」とポリシーを持って取り組む姿勢をとても尊敬しています。今年は、自分にも少なからずあるそういった熱い気持ちを大切にしながら、仕事に取り組みたいと思います。

 

1月画像①.JPG

1月画像②.JPG                                               

                 →息子、自作の凧で正月遊び。

                   誰よりも高く飛んでいく凧と息子の成長を重ね、感慨にふけます。

>>・・・続きを読む

足跡をみつけたとき③(湘南ゆうき村・相談支援プラザ 小野田智司)

新年あけましておめでとうございます。

2019年(平成31年)となりました。

 

湘南ゆうき村は昨日、新年を祝う会を行い、

笑顔多い1年になることをみんなでお願いしました。

 

 

さて、昨年の事ですが

1120日に法人設立30周年式典が行われました。

 

記念式典に向けて

私は当日配布されたモデラートの作成を担当しました。

 

190108 施設長課長日記 小野田 モデラート30周年記念号 表紙.jpg

▲モデラート30周年特別号(表紙)

 

4月の準備会から毎月会議で意見交換。

過去の資料をひっくりかえし、細かい歴史をまとめたものから

これはみんなに知ってもらいたい、これも...あれも...など

だって、このモデラートは次への大事な資料となるのだから。

想いは未来へ向かう。

 

活動を始めて半世紀。

藤沢育成会が法人格を得る前から今日まで続く

記録だけではない"想いある記憶"が

たくさんあふれ出ました。

その想いをふくめ、しっかりとまとめました。

 

 

1978年、星の村共同作業所開所から始まり

2018年、サンベスタ長後まできました。

 

さぁ2019年の一歩はなんだろう。

 

ゆっくりかもしれないけれど、

ちょっとだけかもしれないけれど、

"大事な想い"をもって、

また歩みを進めたいと思います。

 

190108 施設長課長日記 小野田 モデラート30周年記念号 裏表紙.jpg

▲裏表紙

モデラート1号から77号までの表紙の数々です。

これもまた"大事な想い"ですね。

>>・・・続きを読む

選択(法人事務局・サービスセンターぱる 石川 歩)

先日、7年間使用していたブルーレイレコーダーが故障し動かなくなった。我が家では、1TBの容量が一杯になり定期的に消去しなければならないほどレコーダーがフル稼働しているので、急遽家電量販店に行き購入することにした。普段、電化製品選びには非常に時間をかける(テレビ購入時は50回くらい通った)のだが、使い勝手から同じメーカーを選ぶと決めていたので時間をかけずに購入することができた。

 

さて、問題は故障したレコーダーに録画されているデータ。動かないのでダビング等の手段が取れない。子ども達はきっと、7年間録りためた某国民的人気アニメや、お気に入りのシリーズが見られなくなるのは嫌がるだろうな。容量を空けるためにデータ消す時も大反対するし、修理することになるかな、と思いつつダメ元で聞いてみると、意外にも「壊れちゃったならしょうがないね」とすんなり受け入れられた。

 

日頃から出来ていたら問題ないが、きっかけがないと捨てるのは難しいもの。家にも、デスクにも、パソコンの中にも、今後使うか分からないものが多くある。いらないもの、なくても困らないものを整理することで、大事なものがより鮮明になる、と感じる。

 

とはいえ、言うは易く行うは難し。そろそろ年末、大掃除の時期。まずは身近なところから、例年より少しだけ勇気を出して、捨てられるものを選びたい。

>>・・・続きを読む

【波多江式インディアン的福祉論!? ⑦】(サービスセンターぱる 波多江 努)

「知恵を探せ、知識ではない。知識は過去だ。知恵は未来だ。」

ノースカロライナ州やバージニア州に定住するラムビー族という部族の言葉だそうです。

 

とても心が揺さぶられる言葉ですが、知識は過去?? 知恵は未来!?

今の私には、少々理解がおいつかないのです。

 

単純に言葉を理解する目的で調べてみると...

「知識」とは、認識によって得られた成果や人間や物事について抱いている考え、技能。

「知恵」とは、物事の道理を判断し処理していく心の働き。物事の筋道を立て計画し、処理する力。

 

「う~ん...」。やっぱり難しい。

 

これまで身に付けてきた成果、結果を「知識」と表現し、「積み重ね=過去」とし、

これから起きるであろう事柄に向き合っていく力を「知恵」と表現し、「これから=未来」という理解ができますかね。

知恵を発揮すると知識が増え、増えた知識が知恵を彩る。

知恵と知識を統合させると「自己」となり、過去と未来を統合させると「今」となったりするのかなぁ。

もう少し深く考察してみたいです。

 

「(将来の夢)インディアンになる」は、こういう問答をしてみたいからなのですよね...(笑)

 

画像7.jpg波多江ブログ201812画像8.jpg

                    写真:モノづくりの知恵と知識はこういうコトかな!?

>>・・・続きを読む

「海の道」(湘南セシリア 妹尾 貢)

みなさんのよく乗る乗り物はなんでしょうか?

 

自動車やバイク、または電車?

 

他にも、旅行好きの方は、新幹線や飛行機、若者はスケボー、なんて人もいるかもしれません。

 

私は、船です。

 

釣り船や、フェリー、渡し船など、機会があれば良く船に乗ります。

 

水面を滑らかに、ときに荒れた海を勇壮に進む船が好きです。

 

いままでは、だれかが運転する船に乗せてもらうの専門でしたが、自分で運転したくなり、免許を取りました。

 

国家試験には、筆記試験と実技試験があります。学科は教科書や問題集、実技は講習会に行って勉強しました。

 

自分は、車もバイクも運転しますが、船も同じように、ガソリンやディーゼルのエンジンで動きます。が、動き方は全く違います。風や波の影響を受け、タイヤやエッジなどの接地面もないので、最初はまっすぐ進むことすら、ままなりません。

 

交通ルールはあります。基本的に右側通行です。しかし、車線などというものはありません。

信号もありません。道路標識もありません(浮標や、灯台などが時々ありますが)。

 

あたりまえですが、道路地図もありません(海上マップルなんてありません。海図ってのがありますが...)。

 

他船とのコミュニケーションは、汽笛や灯火(赤、緑、白)で行います。

 

海のまんなかには、ガソリンスタンドなどありません。コンビニもありません。出発するときは、準備万端でなくてはなりません。海上でトラブルが起きたら、自力で対処しなければなりません。

 

海のまんなかは、限りなく自由で、その分リスクもあります。

 

つまり、かなりの非日常的な体験なわけです。

 

このように、われわれ現代人にとっては、縁遠く、非日常的になってしまった「船」という乗り物ですが、実は人類が最初に生み出した乗り物だと言われています。

 

まだ免許とりたてで、初心者マークの船長ですが、行ってみたい場所ややってみたいことが沢山あって、夢が広がっています。

 

妹尾課長201812ブログ写真.jpg

>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31