理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
社会福祉法人藤沢育成会のインクルージョンは今...

 2018.11.22、社会福祉法人藤沢育成会は法人設立30周年を迎える。それより20年も前に活動は始まった。50年前<1968(昭和43)年>は、障害児教育はごく一部しか出来ていなかった。だから障害児の親たちは教育を受けさせたくて奔走した。10年後(昭和54年)「養護学校の義務化」となり、すべての子どもの教育を受ける権利が保障された。その頃、運動の成果として藤沢育成会の基盤となる「星の村共同作業所」が開設された。当時、法外事業として親たちが立ち上げた"地域作業所"が多く始動し、苦労して運営していた。療育よりも日中の居場所作り、作業内容より集う場だった。重い障害でも社会とのふれあいを求めた。作業が難しい人は、親たちの手づくり品を販売する場を居場所とし買い物客と交流した。当時の制度は施設内の安全・安心中心だった。

 2018.11.20、社会福祉法人藤沢育成会は、法人設立30周年記念式典を行う。これまでお世話になった人たちへの感謝の会である。感謝のしるしに生活介護事業の作業種の一環として作られたクッキーを手土産にする。職員、利用者の協働で焼き上げ、家族のご協力をいただいて包装した。この法人内で一番新しい施設を建設するための外部委員も交えた検討会議では"たまり場"論議が繰り返された。つまり、利用者、家族、地域の人たちが集い、言葉を交わし、何となく居続ける場="居場所"である。それが"だいちの森"=パン工房。5年目を迎え誰かいる場になった。グランドピアノも雰囲気作りを手伝い家族、ご近所さん、通りすがりの人が立ち寄りパンを購入し、軽食、喫茶を楽しむ。そこにパンを焼き、販売する利用者が往来する。だれもが当たり前に必要な時に必要なだけいられる場だ。利用者が地域で暮らすためにはとても良い考え方だった。複合施設のこの場は空間をしっかり区分したのでお互いに居心地が良い。プライベートゾーンとパブリックゾーンを仕切るだけではなく、グレーゾーンを使ったゆるゆるとした仕切りが大事。

 だが、インクルージョンに逆行する動きもある。例えば送迎。この場は幼児、生活介護事業利用者、そして単独型短期宿泊利用の利用者。土日の短期宿泊以外はすべて送迎がある。だが、幼児の支援は施設内プログラムだけではなく、親子通園はとても大切な療育。成人にはトラブルも含め通う途中の経験は、楽しくもあり、苦しくもある大切な時間。しかし、"完全送迎付き"でないと...の要望は根強い。一つは両親ともに就労していると送迎が難しい、二つ目は安全・安心に利用させたい、三つ目は制度的に...などがあるが、インクルージョンの視点から見れば残念な現実。あちらを立てればこちらが立たず...。インクルージョン藤沢を推進するためには新たな手法が必要。それが制度を切り開いた法人のミッション。インクルージョン藤沢の今は決して十分ではない。心新たにインクルージョンの道を"一歩、前!"に進ませたい。(2018.11

 

>>・・・続きを読む

"プロ"とは何か

もう乗ることはないが長く満員電車に乗っていた。当時から愛用のアイポットが今も外出時の必需品。その頃は見ず知らずの人に囲まれる満員電車の不自然さにバリアを張るため目も閉じた。今は若者の高音で素早い会話が喧騒...、周囲の噂話に反応して心が騒ぐ...などの気分になりたくないからでもある。その頃から聞き続けているのは音楽、いや音が好き、自分の世界に浸りたい...などで、聞き続けているもののひとつが高橋真梨子。なんとなく好きなのだ。横須賀芸術劇場に出向いた時も変わらなかった。飾らず、奢らず、淡々と歌い上げる声は年と共に衰えたが、メロディーラインがくっきりして聞きやすい。

俳優は集団で表現するが、歌手は一人芝居。例えば石川さゆりは自分の世界に引き込むように歌い上げプロを感じさせる。最近は自分の内面を吐露する歌詞・曲を自作自演するがそれも一人芝居。だが、高橋真梨子は朗々と歌い上げてもこれ見よがしにならずプロを感じる。"どんな解釈で歌っていますか?"と聞かれ"解釈していない。解釈してもらうために色を付けた歌い方をしない"と。"あ~ぁ、なるほど!"と思った。歌手はメッセンジャーなんだ。作曲者の意図を聴衆に伝える。聞く人の暮らす環境で様々な解釈が出来るように歌う。それが歌手の仕事。自分の解釈を届けるのはおこがましい...。だからこの人の歌は聞きやすく飽きないのだと思った。

 『対人援助の福祉エートス(ミネルヴァ書房、木原活信著)』に「歴史的に見ても、現在の観点からみてもソーシャルワーカーをその役割に着目して大別すれば、治療、媒介、代弁の三つと言える。(P95)」とある。生活支援は、社会との軋轢をどう縮減するか=その人なりの社会適応を進める。それが治療TEACCHの"T"は"トリートメント"=治療。出来るだけ人間関係を単純化しても他者との関係で悩む=家族も含め多様な人、場所、過程、問題の整理を手伝う。それが媒介。表現が不十分で行動が不安定などから多くの課題を持たざるを得ないから代わりに表現する。それが代弁。これを読んだ時、初めて社会福祉の仕事の意味を整理できた。治療、媒介、代弁いずれもサービス提供者が主体ではない。治療は本人の主体性=治したい意思が治す力を生む。媒介は人と人の橋渡しだから、それぞれの考えが判らなければ出来ない。さらに代弁は自分を表現することではない。利用者を代弁するのだから、その人の考え方だけでなく感情や行動も代弁の要素。だから支援者自身の考え方ではない。だが、難しいのは社会的基準。社会福祉領域では、出来ること出来ないことが社会的基準で決まる。だからサービス提供者は、相手の意思を斟酌する時、社会的基準を持たなくてはならない。高橋真梨子が楽譜に忠実に歌うことと同じだろう。楽譜≒社会的基準に忠実に歌う。この歌の主体性は聞いた時からあなたのものです...と。私たちはそこまで主体性を持てる環境を利用者に提供できているか...。歌手・高橋真梨子のプロ根性を見た。(2018.11

>>・・・続きを読む

自己決定支援に必要な"勘案"

 インクルージョンにふさわしい支援は"相手に寄り添う"と考える。"寄り添う"と言うとその人の思い通りにしてあげることと誤解する。知的障害者は自己表現が苦手だと誰もが知っている。私たちが自己表現しがたい時のもどかしさとは全然違う。なぜなら、少なくても私たちは表現する手段を知っているから。不十分なら十分になる方法も知っている。だから出来ないのではなく"しない"ということ。努力をしても出来にくい人と出来る人との違いは、想像するよりはるかに違う。

 視覚障害者が、見えないことによる不利益や表現しきれないことと、私たちが見えることをどう表現したら判ってもらえるかと腐心することが違うのは分るが、知的障害者の自己表現が苦手ということを同じだと考えるのは違うと思う。だから、それを棚上げする行為が受け入れられない。支援を仕事とする人の中に自分の弱みをさらけ出し"おんなじだね..."と安堵する人がいるように思う。それは決定的に違うことなのに、同じにしちゃうことで安堵感を得ようとする人に義憤を感じる。何故なら障害者を盾にして自分の弱みを守ろうとしているからだ。

 プロの"支援"は何が違うか...と考えてきた。この仕事を選んで良かったと思いたいから"支援のプロ"としてのプライドを持ちたい。判ったふりをして教科書的発言をするような"プロになったふり"はしたくない。だから、お隣さんの善良な人とは違った"支援"を求め続けたい。そんな時、考え付くのは行為としての支援は変わらないが、行為に至るプロセスに注目すれば良い...と考えてみる。支援を必要とする人は、相手によって手伝って欲しいことが変わるはずがないから、支援と言う行為は変わらない。変わるのは人と人=支援者と利用者の相関関係が反応しているからであって、それ以上でもそれ以下でもない。だから行為に至るまでのプロセスで、求める支援を"斟酌"することが大事。"斟酌"は推し量ることと考えれば自己表現が苦手な人の本当の考えを斟酌することになる。だからどうしてもその人を理解しなければ出来ないから、ケースヒストリーを知る。パーソナリティーを知る。だからソーシャルワーク技法を駆使する。

ソーシャルワークでは評価はしない。だがアセスメント(評価)が求められる。それが"勘案"する必要性。その人の様子を"勘案"出来る支援は"斟酌"していることになる。それが支援を受ける人が受け止めやすい支援。だから、支援はとても変化しやすくデリケート。判っているようだが判らないまま障害特性に添った支援をするとうまくいくことがあるが、次にやろうとするとうまくいかず混乱する。それはたまたま出来ただけで本当に相手を勘案出来ていないだけ。だから、プロならその人をしっかりと理解してから支援すべきだ。これが偶然、出会った場ですぐにプロの力を発揮出来ない原因だが、そのことが一層プロと思われにくい。やっかいなことだ。だから、インクルーシブな街にするためには長く時間をかけなければ出来ないのだと思う。(2018.10

>>・・・続きを読む

「従う快感の怖さ」

 今年は猛暑で年を重ねた身には耐え難かったがようやく秋風を感じほっとした。夏は戦争の話がマスメディアで話題。日曜劇場は『この世界の片隅に』。戦中、呉市郊外の小市民の暮らし。押し寄せる戦争の影が暮らしを脅かす。"戦争は嫌だなぁ~"と思う。今夏災害にあった広島県呉は軍港だったから日常的に戦争の姿がある。いつもだが日本では戦争中のひもじさなど小市民の悲劇を映す。武器もない下級兵士の悲惨な死、敗走時の食糧不足や風土病、特攻隊と呼ぶ自爆。どれも戦争の悲惨さだ。だが、そこに駆り立てた国家、権力者、戦争指導者を視なくてよいか...。悲惨な状態になったのはなぜ...、なぜ戦争に向かったか...など無視していいのか...と。『それでも日本人は「戦争」を選んだ(朝日出版社、加藤陽子著)』は、当時を精度高く読める。注目はこの本が県内の高校生への講義という事。

 新聞に"「従う快感」の怖さ知って"の見出し。"「ハイルタノ」行進 増す声量""やってやった感が出た""排斥の気持ち実感"と。甲南大学田野大輔教授(歴史社会学)のファシズム体験学習の様子。小さな声だった学生が集団行動に高揚し声が大きくなり、他者を排斥する行為に違和感が消える。集団は1人の時とは全く違った感情にいざなう。面白半分が次第にやってやった感になる。"ハイルタノ!"は、"ハイルヒトラー"を主宰する教授名に変えただけ。当時、日本はナチスとイタリアの同盟国だった。戦争の悲惨さを伝えるだけでなく国家の反省を含まないと国際的には認知されない。またもう一つの気がかりは日本が戦争の出来る国に変貌していること。さらに甲南大生が体験した従うことで人間が変わっていく恐怖。従順さは自ら考える力を消し浮遊してしまう。報道では日本人は自ら考え、発言することが苦手だと言われていることも含めて危惧を感じた。そういえばナチスの優性思想は、あの津久井事件の犯人の背景にある。人は優位性を誇示したがる。だから優位性が高い者がどう理解し検証し続けるかが重要。個人で何かをする時と、一体感をもって行う集団行動で、異なった感情が生まれる怖さ。集団とは...と考え込む。

社会福祉施設等を"全制的施設"という。刑務所、寄宿舎制の学校、軍隊など集団で暮す場の総称(『初めて出会う社会福祉』相川書房、西尾祐吾著)。スポーツ界のパワハラ、セクハラ事件も同質。これが障害福祉施設での虐待事件の根幹だ。集団になると思ってもいない行動をするのが人間。だから周辺の人達が客観化する場面を作る言葉かけが大切。それは"呼び戻す力"。でも、もっと大切なのは自分で考えること。考えることを止めると集団行動に簡単になびく。しかも"従う快感!"がある。考えることを止める行為は日常的にも、非日常的な場面でも同様に人間の行動を表す。楽しければいい、嬉しければいいというほど簡単ではない。日常的な場面で実行することが戦争を回避することだし、虐待行為に走らないことだ。(2018.10

>>・・・続きを読む

"療育技法"とインクルージョン

支援にもトレンドがある。旧全国愛護協会(現:知的障害者福祉協会)で治療教育専門職養成の通信教育があった。そこで「心練」が紹介されていた。映像で"す!"とか"た!"と障害者に響き渡る声で繰り返す様子を見た。"す!"は"座れ!"、"た!"は"立て!"。解説では、言語理解が難しい人に記号化し短い情報で判りやすくした...と。見た時"社会と隔絶した場所でしか通用しないな..."と思った。その頃、海外からも注目された知的障害児入所施設があった。そこでは生活空間に不必要なものは置かない事が徹底されていた。必ず職員が点検するので歯磨きも洗顔も並んでいた。話題の「母子短期入所事業」があった。他施設と決定的に違ったのが期間。母子共に3か月間施設入所が必要なプログラム。その時"きょうだいたちはどうしているだろう..."と思った。児童相談所にいた頃、その施設に入所希望の親がいた。一方的な話し方で入所は揺らがなかった。入所時に"学校に上がる前の幼児が親と離れて暮らすことが子どもの福祉だとは思えない..."と話すと"そんなことをいう君は知的障害を知らない!"と断じられた。社会生活と違った価値観で出来ているのが入所施設だ...と思った。

 かつて勤務した施設では、生活空間にカギが必須だった。カギ束で1年間勤務するとズボンのポケットに穴が開いた。その時"限られた空間だが安全・安心を担保するためカギも必要だ"と教えられた。新米に抗弁できる訳もなく善意の解釈に納得したが、その後、誰もが拘束された空間で暮らしたい訳がない...と考えた。だがすべてのカギを外したら、彼らの安全・安心を担保するには、当時の人員配置や生活空間では保てないことも判っていた。また、当時の施設内トイレは介助者が立つ空間を確保するため扉が外されていた。ボランティアに聞かれて案内しとても恥ずかしい思いをした。ことほど左様に知的障害児入所施設の生活空間は、世間とは遊離していた。

 この頃"ノーマライゼーション"が上陸した。暫くしてTEACCHプログラムが佐々木正美氏によって持ち込まれた。Tはトリートメント、Eはエデュケーション、Aはオーティスティック、Cはコミュニケーションハンディキャップ、CHはチルドレン。つまり「自閉症やコミュニケーションにハンディキャップのある子どもの治療と教育」...となる。TEACCHは、治療と教育のプログラムなら、戦後ひばりヶ丘学園を創設した管修が提唱したのは"治療教育"。治療と教育を同時進行させることは同じ。ところがTEACCHが違うのは①ライフステージに応じた療育、②家族を療育のパートナーに、③地域を協力者にということ。初めて一生涯の保障と家族の協働、そして地域での暮らしが視界に入った療育技法に出会った。つまり"インクルージョン"。だから"インクルージョン藤沢"が意味を持つ。ゆっくりだが、じっくり、しっかり変化している。"療育"のトレンドは確実に"地域で暮らす"ことに意味を持たなければならない。(2018.9

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年11月
        2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30