日記

通いなれた場所(湘南セシリア・事務局 小野田智司)

湘南セシリア

かれこれ15年ほど通っているところがあります。

気楽に通うことができる場所で

何歳になっても、その場での素の自分になることができる

大事な場所です。

そこは散髪するところ

4月緊急事態宣言がだされました。

世の中が、新しい生活様式に行動変容すべく

ステイホームをキーワードに

自宅で過ごす時間が増えました。

自分の中でなんとなく、

散髪にも行くに行けない状態となりました。

前回が3月上旬でしたので

いつもなら5月にはいきたいところでしたが...

5月下旬に緊急事態宣言が解除されたのちも

なかなか踏ん切りもつかず

6月も過ぎ、7月に入りました。

この間、髪の毛はもう、ぼさぼさ。

自分でカットするも

もう限界。

そこで、空いているであろう

平日の代休日に行こうと決心し

予約の電話をすると...

電話が通じない...

あれ?

もう一度...

「ただいま使われておりません」の案内が続く

あれ?

コロナ禍の関係で、閉店したのか?

数日間もやもやと過ごしたのち、

近くを通った時にお店によってみると、

電気がついている!!!

ほっと安心。

お店の人に聞くと

インターネット回線の契約を変えたら

電話の契約が切れてしまったとのことでした。

改めてカット日を予約して

7月31日に無事にカットができました。

いつも繋がっている大事な場所と

不意に途切れることは

こんなにも心を動揺させるのですね

支援の中で「見通しを示していきましょう」と

よく共有するのですが

改めて身をもって見通しを持つことで

心が安定する事を体験しました。

  • ステイホームの過ごしの一つとして

色付きの和紙を使って障子をカラフルに張り替えました

この記事を書いた人

湘南セシリア 課長
小野田 智司

管理職の中で女子力(?!)の高さダントツNO.1!いつの間にか女性の輪の中心にいることも?!お手製の編みネクタイを身に着け颯爽と、テンポ良く仕事をこなします♪井戸端会議も大好物~!さぁ、みんなで楽しくお仕事しましょう!