日記

法人事務局のお知らせ

利用者、ご家族、職員等の皆さんへ(vol.12)

その他
法人事務局

2022年121日、神奈川県にも「まん延防止等重点措置」が発令されました。

当初、発見された国の名前を付けていた新型コロナウイルスの種類は、ギリシャ文字で表記するとWHOが決めました。アルファ株から始まってオミクロン株まで13種類になりました。しかし、これからも変異すると予想され、26文字あるギリシャ文字以上に増えた場合は、星座の名称を使うそうです。まだまだ変異して人類を恐怖に陥れる可能性があると覚悟しなければならないようです。

今回のオミクロン株は、当初から感染力の強さが強調される一方で、重症化の可能性は低いと言われました。報道によると、家族で娯楽施設に行った結果、初めに小学生が発熱し、次に未就学児2人と母親が発熱。同居の祖母は陽性反応がありながら症状は軽かったそうです。母親と祖母はワクチンを2回接種済みでした。加えて祖母は慢性疾患があったため治療薬を投与されたそうです。ワクチン接種や治療薬が功を奏したようです。しかし、母子4人で室内遊技場に行ったことが感染原因だと聞くと、徹底した予防対策の必要性を改めて実感します

一方、今回は最初の爆発的感染が沖縄県や山口県・広島県だったことが特徴的です。東京、大阪に並んで愛媛県での感染者数の急増。神奈川県では横須賀市が急増したことから、基地に隣接する地域で爆発的感染が現れたと考えられます。空港では厳しい検疫が行われていますが、海外から米軍基地に到着した時はどうでしょう...。休暇を楽しむのはどの国も同じです。基地から外出すればその中に感染者の可能性は否定できません。今になって制限したところで、オミクロン株は日本中に出回り、後の祭りと言わざるを得ません。藤沢市は厚木基地がある綾瀬市、大和市に隣接しています。無症状で本人が判らないまま行動すれば、感染リスクは増加の可能性が高まると十分意識しましょう。

オミクロン株は、まだ判ったことと判らないことが混在していますが、これまでの新型コロナウイルス対策に腐心した経験等を踏まえ、感染対策に慣れすぎず、習慣化に努めましょう。なぜなら、集団で活動する私たちは、クラスター発生につながりやすい環境にいるからです。そこで、これまで培ったノウハウを生かし徹底した感染予防対策を行いましょう。また、今回の感染拡大の要因として、飛沫感染に加えて接触感染があると言われていることから、手指の消毒を徹底しなければなりません。軽症と言われても高熱を出すことが多いようです。慢性疾患など体力的に弱い疾病を伴う障害要因がある方などは注意しても注意しすぎることはありません

次第に変異する新型コロナウイルスは、変異と共にワクチンや経口治療薬等の開発などにより一般的なインフルエンザのようになるようです。感染者数の推移だけで恐れるのではなく、新たな傾向や特徴、さらにさまざまな対策の発見、強化を意識して「正しく恐れ」ましょう。日常的な習慣として慣れすぎずに感染予防対策を徹底しましょう。

どうぞよろしくお願いします。  

           2022.1.21 社会福祉法人藤沢育成会 理事長 石川 修

あけましておめでとうございます

その他
法人事務局

【いんくるフェスティバル】ラッピングカー投票結果!!

イベント
法人事務局

みなさんこんにちは

いんくるフェスティバル実行委員より、ラッピングカー投票の集計結果報告です!

昨年に引き続き、藤沢育成会のキャラクターである "いくちゃん" のイラストに、法人事業利用者の皆さんが思い思いに色を塗ってくださったものを、各事業所の車にラッピングして市内を走りました!

そして、各事業所から車(代表で1台)の写真を特設ホームページに掲載して、

ご覧になった方々の好きな一台に投票をしていただきました。(期間:11/1911/26

それではトップ3の結果発表...

1位 相談支援プラザ 28

相談支援プラザ.jpg

2位 湘南セシリア 27

湘南セシリア.JPG

3位 みらい社 22
みらい社.JPG

それぞれカラフルないくちゃんのイラストをラッピングしていますね♪

今回は投票期間が1週間と短かったと思いますが、合計122件の投票をいただきました!

各事業所1枚の写真から投票していただきましたが、他にもたくさんのラッピングカーが走行していたので、街中でお見かけした方も多いのではないでしょうか(^^

来年はどんなイベントになるのか、お楽しみに♪

以下は、ラッピングカーコンテスト出場者です!

湘南ゆうき村.jpg湘南ジョイフル.jpg湘南だいち.jpgわかくさ.jpeg湘南あおぞら.JPGよし介工芸館.jpgサービスセンターぱる.JPGアポロ.JPG

いんくるフェスティバル2021 開催します!

法人事務局

今年もいんくるフェスティバルは、ホームページ上での開催となりました。

期間は、11月19日(金)~11月26日(金)までの8日間です。

今年は、ホームページを見に来てくださった方が投票できる【ラッピングカーコンテスト】を行います。各事業所イチオシのいんくるフェスティバルキャラクター「いくちゃん」の中でも、"ベストオブいくちゃん"は、どの事業所になるのかは、投票してくださった皆さん次第です。

利用者さんたちの思いが表現された色とりどりの 「いくちゃん」が、すでに藤沢市内を事業所車両と一緒に走行中です。金色のいくちゃんを見つけると幸せなことが起きるかも!?

詳細は、チラシをご覧ください!

1890_001.jpg

利用者、ご家族、職員等の皆さんへ(vol.11)

法人事務局

2021.10.1全国一斉に緊急事態宣言、まん延防止措置が解除されました。実に1年半の間、繰り返し発令されたことで、忍従の日々をお過ごしのことと推察いたします。利用者さんから、"いつになったら卓球が出来るの?"と聞かれ続けても"まだまだ時間がかかりそうだね..."と応えるしかない日々が続きました。それぞれの職場や家庭でもさまざまな影響があったことと思います。社会福祉法人藤沢育成会ではクラスター発生防止などを徹底して、関係するすべての皆さんのご協力のもと感染防止に努めてまいりました。

新形コロナウイルス発生当時は、マスク装着、手指の消毒などそれぞれの努力による防止策、室内の換気、ソーシャルディスタンスなど事業所環境の整備、リモートでの会議や勤務、各種行事実施方法の見直し、職員や利用者、ご家族とも意見交換しながら新しい生活様式を模索し続けてまいりました。本当にご協力ありがとうございます。いくつかの対策を実施するにあたって、ご不便をおかけしたこともあったと思いますが、集団生活はことのほか感染防止を徹底しないとご迷惑が拡大する結果を招きやすいので、過剰と思えるくらいの防止策を基準に行ってまいりました。

この中には、いくつか定着しそうな新しい生活様式が芽生えています。たとえば今年も11月に予定している「いんくるウイーク」は、従来のいんくるフェスと合体できるでしょう。また、ネットを使った工夫は、従来の法人運営とは異なった可能性を見出すツールとなるでしょう。また、在宅勤務の可能性やリモート会議は、遠方からの出席も可能となり、効率化等の可能性を広げると思います。それが「ウイズコロナからアフターコロナへ」と移行する時の姿を表しています。希望の方にはワクチン接種を行うことが出来た現在、アフターコロナへ向かった動きも進めるべき時期が到来したと考えています。

このまま収束することを願うばかりですが、残念ながらワクチン接種を終えた方からも感染者が発生し、専門家は第6波の危惧を予測しています。また、変異株の感染力は数倍の威力と聞くと恐ろしさが増します。人類の歴史は疫病との闘いだとも言われます。世界を席巻した黒死病(ペスト)は、ベネチアの仮面舞踏会の鳥のようなマスクに名残りをとどめています。人類は疫病に負けた歴史はありません。そこから何かを学び、克服してきています。ワクチンが国内で生産され、治療薬の開発も進んでいると聞きます。これまで、トンネルの先が見えない状態でしたが、今はかすかな明かりを見るところまで来ています。徒然草の"功名の木登り"のように、最後までぬかりなく、怠ることなく、共に感染防止を徹底するように、改めてお願いします。

            2021.10.1 社会福祉法人藤沢育成会 理事長 石川 修

利用者、ご家族、職員等の皆さんへ(vol.10)

法人事務局

オリンピック、パラリンピックと2020年に予定されていたビックイベントが続いています。もちろん選手や関係者の皆さんからも新型コロナウイルスの感染者が出ています。しかし、報道によれば大規模なクラスターが発生した話は、これまで聞きませんでした。選手たちは自国を発つ時にワクチン接種を済ませ、マニュアル通りPCR検査を定期的に行っていると聞きます。競技のために訪れたとはいえ観光目的の外出が禁止され拘束されたような時間を選手村等で過ごしているようです。その中で最高のパフォーマンスを成し遂げるのは精神的にも強くなければ出来ないことだと、すべての選手、関係者をリスペクトしたい気持ちになります。その取り組みは私たちも参考にしなければならない点があると思います。

たとえばワクチン接種です。おかげさまで当法人では、湘南台病院(鈴木紳一郎理事長)、善行クリニック(牛腸廣樹先生)のご尽力をいただき、利用者は各事業所で、職員は湘南台病院で接種出来ました。9月10日を最後に、希望者はすべて2回の接種を終了することとなっています。利用者はおおむね80%、職員は70%程度の人がワクチン接種を終了する予定です。これに自分で接種した方たちを加えると、接種率から考えれば安心できるような気持になります。しかし、変異株の情報からは、接種しないよりは良いが、感染しないと言い切れないのが現実のようです。確かに報道では判明した研究成果が知らされますが、まだ判っていないことが多くあると承知しなければなりません

そこで、オリンピック、パラリンピックのように厳格な感染防止対策をしたいところですが、社会生活をしている私たちは隔離するような対策を講じることが出来ません。神奈川県のホームページを見ると、県内の障害者施設でのクラスター発生は6月末には湘南地域で1件だったのが8月中旬には4件に増えています。また、高齢系施設のクラスター発生が抑えられている一方、障害者施設では11件と多く、累計陽性者数は218人とこれも一番多いのです。施設ではクラスター発生が一番の恐怖です。十分注意して過ごしましょう。

おかげさまでこれまで当法人ではクラスターの発生はありません。職員や利用者のご家族なども含めた関係者の検査数は多くなっていますが、り患者はおさえられています。これは、ひとえに利用者、ご家族、職員が一体となって感染防止対策を講じているからです。ありがとうございます。しかし、いつになったらこの状態から開放されるのかと考えると、うんざりする気持ちがひたひたと押し寄せているのも現実です。ここまでの努力を無駄にしないためにも、今一度気を引き締めて身近なところから感染防止対策の取組み強化をお願いします。利用者にとって難しいこともあると思いますが、社会で暮らすインクルージョンを目指すためには、どうしても乗り越えていかなければならない課題です。どうぞよろしくお願いします。

              2021.9.1 社会福祉法人藤沢育成会 理事長 石川 修