日記

「アフターザレイン」   ( 湘南セシリア・みらい社 / 施設長 石塚 和美 )

コロナウイルスによる緊急事態宣言が9月末に解除となり特別措置法による時短要請も1024日をもって解除となりました。

 感染対策を行いながら、少しずつ元の生活に戻れるよう、このコロナ禍で得た新しい生活様式も取り入れながらこれからの季節を迎えたいと思います。

 前回の施設長・課長日記を書いてから4か月。仕事や家事をする日常、家族や親しい仲間を想いながら過ごした日々。なかなか会えない中で、日々の電話やメール、ライン。そして手紙やはがきを出すことも増えました。以前よりも頻繁に連絡を取り合うようになった方々も多いのではないでしょうか。私も、数十年ぶりにいとこから電話があり、びっくりしたと同時に、連絡を取り合うことができるようになりうれしく思った出来事でした。

 半面、体調不良時や、そばにいてあげたいときに、すぐに駆け付けることができずにもどかしく思うときもありました。

 忙しくしているときには感じないさみしい気持ちやどうにもできない想いを、秋風がセンチメンタルな気持ちにさせます。これは「秋うつ」かなあと思いネットで調べたところ、「日光を浴びてセロトニンの分泌を促す生活を習慣づけましょう」とアドバイスがありました。

 この頃は、週末も忙しくなかなか散歩もしていなかったと反省し、散歩を再開、秋風も心地よく感じるようになりました。これからは、自粛していたお寺巡りも御朱印帳を持って出掛けたいと、久しぶりに気持ちがワクワクしています。

お互いを案じながら、まずは自分が元気でいることが一番大事だと感じた秋の日でした。

写真は我が家の庭の数珠。そして家庭菜園にやってきたアゲハチョウの幼虫。彼らにもたくさん元気をもらいました。

あげはちょう幼虫1.jpg

この記事を書いた人

石塚 和美(施設長) 施設長
石塚 和美

ギターが趣味で、福祉施設や地域のお祭りではバンド演奏も披露!●●●●(←秘密!)の大ファンで仕事の合間に追っかけも。たまの自分へのご褒美、仕事帰りの「焼き鳥&クエン酸サワー」と、孫娘の成長を何より楽しみにしている今日この頃です。