日記

相談支援プラザの施設長・課長日記

~六年水~ (相談支援プラザ 課長/一戸 香織)

相談支援プラザ

紅葉が散り始め、日に日に冷え込みが厳しく感じられるようになる今の時期を二十四節気では「小雪」と呼んでいます。

そんな季節の移り変わりを感じたい時、少し気持ちに余裕がある時は、1泊2日のあわただしいスケジュールで故郷に帰ることがあります。

いつもの高速道路にいつも立ち寄るパーキングエリアがあります。

たくさんのペットボトルや4リットルの大きな焼酎の空きボトルを持ってきている人たちが水を汲んでいます。

そのパーキングエリアで汲まれている水は「谷川の六年水」と呼ばれています。

②文章前.jpg

「谷川の六年水」は谷川岳に降り積もった雪や雨が地中にしみ込み6年の月日を経て地上に湧き出したものと言われています。

水はどこでも同じ味と思っていた私ですが、喉を通るときにふと感じる水の柔らかさ、お茶を飲んだときのまろやかさを「谷川の六年水」に教えてもらいました。

その水を汲むために列に並んでいるとき、「この水が地中に入り始めた6年前私は何をしていたかしら」と考えてしまいます。

家族からは「この水を汲むときいつも同じ事言っているよね」と言われます。

でも私は「数日前に降った雨が6年後にこの蛇口からでてくるのはとってもすごいこと、6年後には何をしていたい?どうなっていたい?」と逆に質問を返してしまいます。

家族からの答えはありませんでしたが、私は6年後どうなっているのだろうかと自問自答しながら、目先のことだけを考えるだけでなく、5年後、6年後、10年後そしてその先の行動にも繋げて行かなくてはならないと考えている私でした。

小さなペットボトルに水を汲み、お茶をいれ、そして飲みながらほっとひと息つくことのできた今回の帰郷でした。

③文章後.jpg

冬の始まりを感じる赤唐辛子の藁編み

どんなことにも賛否両論 (相談支援プラザ 所長 / 小野田 智司)

相談支援プラザ

先日娘が数年かけて伸ばしていた髪を

ショートカットにしました。

カットした髪はヘアドネーションとして

美容室からとある団体ととおして

必要とする方にお届けするようお願いしました。

娘はなんらかのきっかけで

ヘアドネーションに興味をもち

数年かけて、髪を伸ばし続けていました。

お友達にも髪を

伸ばしている理由(切らない理由)は

数人しか伝えていなかったようで

ショートカットになったときは

学校の先生もお友達も驚いたようです。

さて、娘がヘアドネーションに興味を持ったことを

受けて、私もそれなりに興味を持ちました。

気軽に調べられるインターネットで

検索すると、賛否両論が...

ヘアドネーションに対して私は

良くない印象は持っていなかったのですが

良いとは考えていない理由もたくさんありました。

なるほどなぁと思う考え方もあれば

これば偏りすぎであろうと思う考え方もありました。

ふと、普段の相談支援の在り方を改めて考えると...

よかれと思ってゴールを支援者側で決めていないか、

よかれと思って調整しすぎていないか、

など、振り返っていました。

娘が賛否両論あることを知っていて

ヘアドネーションの取り組みを

行ったかどうかは分かりませんが

やりたいことをやり終えることができて

よかったです。

人はちょっとしたことを、

ぽろっと言葉にして

そのことを周りが

時にさりげなく

時に全面的に

協力することで自己実現が

なされているとも考えています。

相談支援があることで

少しでも自分らしい生活ができるといいなぁ

と、思った出来事でした。

2211 施設長日記 小野田.jpg

■写真:ヘアドネーション用の髪

さて、今週末1112()

いんくるフェスティバル2022が行われます。

テーマ

ネットでつながる・地域とつながる・未来につなげる

ということで、

今年はオンラインシステムも使用します。

終了後にはダイジェスト版の発信を行う予定です。

皆さんお楽しみに!

■表紙写真:藤沢市役所分庁舎にてアピール中!

〜風〜  (相談支援プラザ / 課長 一戸香織)

相談支援プラザ

夏本番を迎え、太陽がまぶしくジリジリと照らされる季節となりました。

先日、六会地域のお宅に伺った時、国立新美術館に行って来た話しを伺いました。

電車を乗り継ぎ乃木坂駅で降り、初めて美術館に行ったとの事でした。

80歳を超えた方が、初めて1人で美術館へ行ったこと、

そして、そこで観た作品がとても気になりました。

その方曰く、

「雨や雪はこの目で見ることは出来る。

でも、風は感じられても目には見えない。

風をどう捉えるかは人により違う、その風をどう捉えて、

どう表現しているのか知りたくて、美術館に行ったんだ」との事でした。

もともとは、絵にはさほど興味はなかったそうですが、

パンフレットを目にして、表紙の言葉に惹かれて、

美術館に行き直接観たいと強く思ったと話してくれました。

雨や雪は目で見えます。風を感じる時は、日常生活の中でどんな時か。

洗濯物が揺れている服を見た時、

カーテンが揺れている時、

草花が揺れている時、

グランドの土が舞った時など、

風が起こした現象を見て風を感じる事があります。

暑い日の涼しさを感じるのは、風が吹いた時です。

人により感じ方は様々です。

何気なく日常を過ごしている私にとって、

風をどう捉えているか考えた事がありませんでした。

その方が、パンフレットを見て行きたいと思い、行動したことは、

変わらない日常を何気なく過ごしている私にとって、

良い刺激となる話しでした。

日常生活の中で、もっとアンテナを張り、

さまざまなに感じる意識を持つ事を大切にしたいと思いました。

夏休みに入り美術館には様々な展覧会が開催されます。

ちょっと足を運んでみたいと思いました。

20220726 写真②(文章後).jpg

アンテナの張り方(相談支援プラザ / 所長 小野田智司)

相談支援プラザ

相談支援プラザに異動になり

日々高齢者福祉に関する情報を耳にすることが増えました。

障害福祉の常識と

高齢者福祉の常識の違いに

戸惑いつつも

利用者の方がより安心した生活が送れるよう

日々思案しております。

3か月が経ちだいぶ事業所名やご担当の方

利用者のみなさんのお名前やご様子を

概ね覚えることができました。

所内で相談員が電話相談や訪問対応などをしているなか

対応に困ったときなどは私にも相談があります。

相談員が困るような相談は

利用者の方が困っていることなので、

利用者の方・ご家族の方の想いが

どこにあるのか相談員と確認を行います。

そのうえでとなりますが、

その想いや相談内容は多岐にわたるため...

時には所内の他の相談員に

時には他の相談支援事業所に

時には行政に

相談をしております。

この時にどこに相談をすると

困りごとが解消に向かうかは

やはり地域の情報を

アンテナを日々張っておき

情報を頭の中でも整理整頓することが大事です。

相談員同士の話していること

様々な会議で発信されていること

新聞やインターネットで発信されていることなどから

日々変化する情報を更新しています。

そして一番の情報源は利用者の皆さんの声です。

ちょっとした言葉や表情の変化に

これからも気づいていけるようしていきます。

■写真:藤沢でも田植えが始まりました

専門職として、地域住民として (相談支援プラザ / 所長 小野田智司)

相談支援プラザ

2022年、今年は藤沢育成会に入職し

20年目の節目の年です。

これまで

湘南あおぞら

サービスセンターぱる

湘南ゆうき村・相談支援プラザ

湘南セシリア

と勤務してきて、この4月より

相談支援プラザの所長として勤務しております。

これまでの19年、主に障害福祉分野において

様々な場面で経験や体験、勉強をしてきました。

その時その時

目の前にいる障害のある方が

どのような支援があるともっと楽に、

安心して生活が送れるかということを、

一定の経験や資格をもつ

専門職チームで一生懸命考えて

検討し工夫してきました。

ご家族とのやり取りでは

考え方や想いなどを推察しながら

支援について伝えるよう努めてきました。

それでもご家族の想いに

寄り添うことが出来なかったことも

あったと思います。

先日の話ですが、

ご近所の顔見知りの高齢のご夫婦と

おしゃべりをしていると

困りごとがあることがわかりました。

そのことを相談にのってくれる

とある機関のことを紹介したところ

安心されることなどがありました。

その後ご夫婦からは

こんなことを相談することなんて

思ってもいなかったし

実はどうしていいかわからなかったよ

などの話をいただきました。

相談支援プラザでは相談支援の専門職として

様々な方々へ相談支援を行っています。

その相談支援の場面で、

地域住民の当たり前の考え方も理解し

その上で専門職チームとして

相談支援をしっかりと行っていきたいと

ご近所のみなさんとの

触れ合いの中で気づいたところです。

■表紙の写真: 湘南とらい外観

一生モノの宝物  ( 相談支援プラザ / 課長 一戸香織)

相談支援プラザ

何気ない日常は当たり前ではない...と感じる日々が続いています。

2022年春...

4月に入り、暖かな陽射しを浴びながら今年も変わらずに桜が咲いています。

この季節になると、

九州から引っ越して来られた方とお会いした時の話をふと思い出します。

その方は、

80年住み慣れた地を離れ、娘が近くに住むこの藤沢市に住む事を決めました。

「モノは持って行けないから最小限にね」と娘から言われ、言葉ではわかっていても、しばらくの間、ずっとモノが捨てられずにいました。

何度も何度も「持って来ても置く場所がないから、処分して来てね」と念を押されても、荷物整理は一向に中々進みませんでした。

とうとう、引っ越しの寸前に「こんなモノは捨てて」と終始娘に言われて、ようやくモノが減ったそうです。

 元々住んでいた九州のお家の敷地には、桜の木が数本あり、廊下の戸を全て開けて近所の方とお花見をした思い出話を聞きました。敷地の広い、大きな家で生活していたのです。

 引っ越し先のアパートの室内で、一つとても気になるモノがありました。

それは、玄関から部屋に通じる廊下のど真ん中に、ドンッと置いてある火鉢です。両手で抱える位の大きさのとても一人では持てそうにない位に重そうで、瑠璃色の鮮やかで綺麗な色でした。

ある日、私から「この火鉢は、玄関から出入りする時に、つまずいて転んだら大変なので、もう少し移動すると良いですね」と話しました。

その言葉から、いろいろ話して下さいました。

「娘からは、『絶対に(九州から)持って来たらダメ、必要ない』と言われたけど、

頼み込んで、持って来たモノなのよ」

「原爆の時に、全て焼けてしまった中から、一つだけ焼けずに残っていたのが、

この火鉢だったの」

「これだけは一生モノの宝物として、藤沢まで一緒に引っ越して連れて来たかったの」

私は、つまずいて転んだら骨折して、打ちところが悪いと大怪我に繋がると思い、火鉢を移動しましょうと話した...つまり火鉢は重たくて邪魔なモノと考えて、その方に伝えてしまったのです。ご本人の火鉢への思いを知っていたならば、もう少し違う言い方、伝え方をすれば良かったと思いました。

でもその方は即座に、「そうね、もう少し動かさないと転んだら困るからね」と言葉を返してくれました。

一生モノの宝物と言われた時に

みなさんはどんな宝物を思いますか?モノ、言葉、気持ち。

私にはあるだろうか、一生モノの宝物

20220331②公園体操.jpg

~天神公園~

地域の方々が参加して公園体操をしています。