理事長日記

  • home
  • 理事長日記
藤沢育成会 理事長日記 | 最新の日記
 「言葉は成長の種...」

最近は官僚の公文書改竄、隠蔽、セクハラ等で騒がしい。公僕が国民の側に立つ姿はなく、ひたすら保身、あらぬ方に向かっている。公務員の頃、考えたことが様々な"ちから"で歪んでしまう経験もしたが、こんなに本質を見失った行為は見たことがない。言葉を弄し言葉が躍り言葉が本質を見失わせる。人が何かを語る時、言葉がその人を伝える。人は言葉で自らのありようを表す。その時の"言葉"は、単に言語ではなく日常的な行為や価値観等を表現する。だから発する言葉を前後の行動や態度から何となく感じるものだ。

 すでに熱は冷めたが、平昌オリンピック金銀メダリストの小平奈緒選手の特集記事が3月末に出た。見出しに「言葉は成長の種 世間に流されず 心の芯に忠実に」と。銀メダルの韓国選手を抱き、なぐさめ、たたえあったシーンが浮かぶ。小平選手は世間を気にせず、自ら望んだコーチの大学を選び、卒業後も同コーチのもとで自分磨きをした。多くの選手がエリートコースを選び企業に所属する中、地元の病院に頼み込んで所属。まさに"自分流"の人。スタートのポーズも少し違う印象だったが選手生活も違うようだ。"自分に勝つ"ための強い意志がみなぎっている。インタビューにそれが表れている。例えば「友情というきれいごとだけではなく、2人で積み上げてきた絆があります。」「金メダルは名誉だけど、どういう人生を生きていくかが大事。」。さらに言葉の存在を問われ『明日死ぬかのように生きよ。永遠に生きるかのように学べ(ガンジー)』を示した後「こうした言葉に出会うと自分の中に種をまかれたようで。自力で解釈し、行動に移して、その種にも成長させることにも楽しみを感じています。」と。また、指導者となった時「置物みたいな言葉じゃなくて動きのある言葉で、心の中でまた違った動きをして、子どもたちの考え方が広がるきっかけになればいいな」と。

 まだ若い人がストイックに追い求め、その重圧に耐え自らに課した結果、花を咲かせるはずだったがなかなか成就できない現実があった頃の交流が韓国選手との"絆"。それでも自らを見失いがちな葛藤を振り払い"強い欲消えていた 不安や重圧なく まさに無の境地"がメダルにたどり着かせた。自分流を貫くのは時に不安で、時にエゴイスティックになりかねない。自分を見失わない強さが必要。穏やかで、物静かで、恥ずかしがり屋の彼女からは想像出来ない凄さが伝わってくる。「自分で選んだ道を歩んできたからこそ、ゆっくりだけど着実に自分の成長を自分自身で確かめてこられました。」と。職業も人生のパートナーも、居住の場も自分で選べたことがとても幸せに感じた。女子マラソン銀・銅メダリスト有森裕子の"自分で自分をほめてあげたい!"は有名だが、内包する覚悟を見失っていないか。選択した己に課せられるミッションを見失っていないか。自由を享受する時の責任を自覚しているか。そう考えると冒頭の官僚の狂乱が情けない。今やるべきことの輝きは、自分の覚悟やミッションへの姿勢、責任も包含する。言葉はこれまで培ったものが反映する"心"の発信と自覚したい。(2018.5

>>・・・続きを読む

"インクルージョンのあゆみ"

新年度の準備であわただしく年度末が過ぎた。今年は法人30周年を迎えるため一層気ぜわしかった。設立記念日は1122日。語呂合わせだが"いい 夫婦の日"。いかにも家族が設立した法人の誕生日だと思う。社会福祉法人誕生からさらに10年前、「星の村地域作業所」が出来た。当時神奈川県内に多くの作業所が創られたが、中でも星の村作業所は初期だった。さらに10年前、作業所を創る活動が始まっていた。これは家族が終結したエネルギーだった。一粒の種が寄り添い芽を出し、初めて実ったのが「星の村地域作業所」。法外事業だから設立も運営もほとんど公的支援がなく大変な苦労だったと思う。当時、地域作業所支援業務も担当していたが、多くの職員が無報酬の親だった。狭い場所なので利用者にいらぬ刺激が...とか、親子関係を捨てきれない支援におろおろしながら見守った。

 そこまでして地域作業所が県内にできた背景に昭和54年"養護学校義務化"がある。"普通"に暮らし"普通"に通学した親子は入所施設を選ばなかった。学校教育を地域で...は、インテグレーション(統合教育)と言われた。教育者の中には"障害児に何かをしてあげることで優しい気持ちが育つ"などと発言する人がいた。今でもこの言葉を思い出すと腹が立つ。何故なら、障害児の教育機会を求めたインテグレーションが、健常児(好きな言葉ではないがふさわしい言葉がない)の教材にされたと感じるから。障害児でも健常児でもなく、誰もが地域の学校生活を謳歌出来なければインテグレーションではない。

一番新しい法人内施設"湘南だいち"に児童発達支援センター"ぷれっじ"がある。その場を毎日利用する子どもが少ない。幼稚園や保育園等との並行利用で、曜日によって場を変えている。インテグレーションの頃は、障害児は環境に慣れにくいから場を変えるのは良くないと考えられていた。加えて、児童福祉法上の施設である保育園と障害児通園施設の併用はダブル措置(二重のサービス受給)となり違法だった。環境に慣れないのではなく、固定観念に縛られた融通の利かなさが透けて見える。今は"措置から契約へ"と大きく舵が切られ合法。インテグレーションを叫ばなければならない時代は去り、誰もが自分にふさわしい教育機会を選択できる環境が整ったそうだが、障害児は特別なメニューが必要だからと遠くまで通わなければならない実態は変わらない。

藤沢養護学校高等部に鎌倉分教室がある。県立鎌倉高校の敷地内にある分教室では、特別メニューを行いながら行事等は合同で、地域の人々と交流しながら教育が進められている。県教育委員会が"インクルーシブ教育"を掲げる象徴のようだ。地域社会に包み込まれる姿をインクルージョン(包摂化)という。当法人は"インクルージョン藤沢"を掲げている。活動を始めて半世紀、さらなる"インクルージョン藤沢"を目指して活動する再スタートの年を迎え、心引き締まる年度初めである。(2018.4

>>・・・続きを読む

 「法人設立30周年、活動を始めて半世紀!」

 平成304月。今年度は法人設立30周年を迎える。平成元年に社会福祉法人認可を受けたことになる。社会福祉法人藤沢育成会は、これより10年前に制度外で「星の村作業所」をスタートさせた。当時から働いている人は少なくなったが、今も数人の職員が働いている。それより10年程前、この土台を作ろうと立ち上がっていた。後援会いずみ会長の西條節子さんは、当時から活動の中核を担っていただいた。同時に知的障害児の親が動き出し、これが知的障害児者の家族が作った全国組織「手をつなぐ育成会」藤沢支部の活動となった。それが法人名(福)藤沢育成会の由来である。だから、社会福祉法人藤沢育成会は「法人設立30周年、活動を始めて半世紀!」となる。

 半世紀前、"インクルージョン藤沢"を掲げるのはとても勇気が必要だったろうが、地域で暮らそうという本人、家族の願いだったから当然だった。これが根幹なので事業所が市内全域に点在していった。何故なら、地域で暮らすためにはより近くに事業所がある方が効果的だから。実は一か所に固まったほうが運営や経営面から考えれば合理的だ。だが、あえてそれをしなかったことが現在のサービス展開につながっている。

 50年前を知る人は少ないだろうが、施設入所しなければサービスが受けられない時代だった。当時は職員が洗濯や掃除をするのは当り前だったが、今日の施設では洗濯は専任職員、食事は委託業者が作る。入所施設だけでなくハウスキーパーが清掃し、送迎バスも一部委託業者が行う。現代は"家族機能の外注化"に拍車がかかっているというが、福祉サービス事業所も同様だ。こうして見ると時代と共に変化したことが顕著に判る。また、働き方も大きく変化し非常勤化率が高くなった。女性の就労先と考えれば、家族状況等で労働時間に配慮が必要な現実が影響していると判る。

だから"支援"のプロとしての資質だけで障害福祉サービスができる環境ではない。常勤職員も、非常勤職員もそれぞれの役割を承知して、相手に配慮した業務推進を図らなければ、職場の雰囲気が落ち着かない。元々、社会福祉事業は1人で出来上がる仕事はほとんどない。また、"やればやるだけ、やらなければそれまで"の仕事が多く、どこまでが必要十分条件か判りにくい業務特性がある。だから、お互いを知り、お互いをつなぎ合わせ、お互いを支えあうことがどうしても必要な職場。常勤...とか、非常勤...ではなく、相互理解、相互支援が必要。"ケアは相互性"と言われるが、職員間も"相互性"が肝要である。多様な人たちがそれぞれの個性を発揮してこその職場であると意識したい。そこで記念事業も、利用者や家族が自由に参加できる「いんくるサマーフェス(825)」と、家族、市民や関係者を巻き込んだ「記念講演会(106)」と、お世話になった方々への感謝の「式典(1120)」と参加者を考えた3部作とした。この中で法人の未来=この先30年を語り合えるようにしたい。(2018.4

 

>>・・・続きを読む

おさ'んぽ~体験的福祉の歴史散歩~⑫

仕事はチーム力と思った頃に考え始めたのが人材育成。本当は知識やテクニックではなく"人間力"。社会福祉は結果が出てからのサービスが特徴。それはセーフティネットだから止むを得ない。例えば"虐待"への対応...。PTSD等の課題をもってからのサービス受給にならざるを得ない。日本は「児童虐待防止法」「DV防止法」「高齢者虐待防止法」「障害者虐待防止法」と4種の虐待"防止法"があるが"予防法"はない。虐待だと判っても、"いた(痛・傷・悼)み"を目前にしても"関わりたくない""風評被害を受けたくない"...など見て見ないふりをする人もいる。不十分な現状が考え方を歪ませる現実を現場と行政の往来で感じていた。

 一方、社会福祉現場の力量不足を実感せざるを得ないこともあった。今も過去も大学で学ぶ社会福祉はソーシャルワーク一筋。だが、現場では直接援助一筋。若い頃、大学で学んだことなど話題にもならない現場でギャップを感じた。施設で必要なのは療育技法。これが時代と共にオペラントだ、ドーマンだ、ティーチだと変化し、これまでの療育技法が否定され新たな技法が中核となる。利用者は変わらないのにどうして変わるか判らない。なぜ積み重ねないのか...。だが支援にもトレンドがあり今は"自己決定支援"。言葉の意味は判るが本当は非常に難しい。多くの障害当事者が自己表現を苦手としている。だから自己決定支援と言いながら家族と相談しただけ...などもある。本当はもっと奥が深く、本人の生いたちや家族の状態等から本人の意思が見えるようになり支援が決まる。それはソーシャルワークと療育技法、そして制度の相関だ。

 このプロセスが"みる"と言う漢字で説明できる。最初は「見る」。"足"と"目"を使って見る。以前に児相は"ケースウオーカー"、生活保護は"計算ワーカー"などと揶揄されたことを思い出す。次に人物像を"みる"。しっかりと本人を「視る」。注視するのである。その人自身が判っても見立てるためにもう一度「観る」。生活環境等を概観。するとその人だけでは難しくともサポーターを見出すこともある。そこでやっと「診る」。その人の状態像を考える。児相では"社会診断"と言った。今は"アセスメント"。そして最後が「看る」。ようやくケア=支援≒看護となる。こう考えればソーシャルワークのプロセスであり、支援のプロセスでもある。概観する時に社会福祉制度も視野に入れる。社会福祉は総合的に社会を"みる眼"を養うことと判る。だから総合力=人間力の仕事だ。奥の深い仕事を選んだものだといとおしくなるし、プライドを持って従事できる。長い人生で自分磨きも出来たと思うと感謝だ。この仕事を選んだことの幸運をかみしめている。(2018.3-②)

 

=追記=

 自分の歩いた道を再考し社会福祉のあゆみを考えた。歴史は年代や事件を知ることではなく、過去から現代、そして未来を考えるためのものだから流れを大切に書いた。未来は若い人たちのもの。それゆえ過去から見える事実を参考にしていただけたら幸いです。

次年度は法人設立30周年の年です。そこで"インクルージョンへの旅"とします。

>>・・・続きを読む

"適度な不安と興奮"と"誠心誠意"

 「不毛な心配やめる それもスキル」の見出しでスポーツ心理学者の荒木香織さんの記事があった。「よく平常心で臨めとか言いますが、理にかなったアドバイスではありません。むしろ、適度な不安や興奮があって『あれをやりたい、これをやりたい』と自覚しているほうが良いパフォーマンスに結び付くといわれます。W杯にラクビー日本代表が出場する際にも『不安や緊張は当たり前。それを感じることは、むしろ良いことなのだ』と伝えました。」"ルーティンの五郎丸"で一躍ラクビーをメジャーにしたあの時だ。"適度な不安や興奮""あれをやりたい、これをやりたい"...同じだと思った。初めてのことは不安に思うのが当り前。職場の昇格や異動、重い役割を担う時など不安は当然。そうやって新しく挑戦するといつの間にか出来るようになり楽しくなる。逃げまくったり、避け続けると、いつまでも追い掛け回され押しつぶされそうになる。だから"あれをやりたい、これをやりたい"と思える"心"を持ち続けたい。それは人が成長する時だ。ヤドカリのように器が次第に大きくなると、苦手や苦しみが不思議と消え、安心して出来るようになる。すると、これまで見えなかったことが気がかりになり、事前に心配事の種を摘んだり、うまく育てられるようになる。人の持つ力量はそれほど変わらないから、その時のチャレンジ精神、ちょっとした勇気が化学反応を生む。だから"不毛な心配やめる それもスキル"に納得。

 京都大学学長山際寿一(霊長類学)と京都市立芸術大学学長鷲田清一(哲学)の対談『都市と野生の思考(インターナショナル新書)』に素敵なエピソードがあった。火山爆発予知を研究する学者が研究成果を生かし予知したが不発。避難生活をした地域住民は、多く日常が壊され右往左往しただろうに非難や苦情はなし。なぜなら、日々昼夜を問わず観測に費やし、繰り返し登山する研究者の努力を知っていたからだった。嬉しくなった。どんなに頑張ってもすべてが思い通りにはならない。とりわけ"支援"は事故が付きまとう。周到な準備をしても出来ないこともある。だが、そこまでに費やした時間がどれだけ充実していたかが問われる。その実態は"誠心誠意"。苦情解決制度があるが、"支援"は支援する側と受ける側の相関関係。更に出来ることも出来ないこともある。だから、折り合うには"誠心誠意"が重要。仲裁者がいなければ解決できない苦情は、発生した時点で支援する側の誠心誠意が不足したか伝わりにくかったか空回りしたかだと推量できる。学者に住民から苦情がなかったのは"誠心誠意"が十分伝わっていたからだと思えた。

 だから年度末に伝えたいことがある。昇格した人もしない人も、異動する人もしない人も"適度な不安や興奮"は当り前と考えよう。むしろチャレンジするわくわくした気分と考えよう。最初から何もかも成功するなどと考えなくていい。だが、何事にも"誠心誠意"取り組む姿勢を忘れずにいて欲しい。人生は"あせらず、あわてず、あきらめず""ゆっくり、じっくり、しっかり"...いこう。(2018.3

>>・・・続きを読む

ページトップへ
  • 藤沢育成会からのお知らせ
  • 福祉ナウ&ヒストリー
  • スタッフ日記
  • 施設長日記
  • 理事長日記
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年7月
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31