日記

スタッフ日記

台風に備えて

相談支援プラザ

こんにちは、相談支援プラザ ふらっと です。

今週に入り少し暑さが収まったかな?と思ったら、危険な台風の季節になりましたね。

ここ2日ほどの猛烈な暑さのぶり返しも台風の影響だそうです。

今回の台風は関東への直撃とはなりませんが、海面温度の上昇が続き、9月には大型の台風がいくつも起きるのではないか?とも言われています。

そこで(少し気が早いかもしれませんが)ふらっとでは、いざという時のため、窓ガラスの飛散防止対策として養生テープ貼りを行いました。

職員が各窓をそれぞれ担当して、思い思い?に養生テープを張っていったのですが、几帳面な性格、おおらかな性格、、、性格がよく見える貼り方に職員大笑い。

ちなみに効果的な養生テープの貼り方は"米の字"貼りだとか。早くもホームセンターでは養生テープやブルーシートの購入者が増えているようです。

大げさかもしれませんが早め早めにしっかり備えて、結果何事もなかったことを「よかったね」と話せるように心がけたいと思います。

相談支援プラザ

ふらっと 相談員

それぞれが活躍する配置へ

みらい社

今回は『それぞれが活躍する配置』という内容で紹介します。

みらい社の仕事は、多様であるため、得意不得意に関わらず作業として取り組む必要があります。
しかし、不得意となると生産性も低下します。また、苦手な作業をやり続けなければいけないというのは、利用者にとっても長くつらい一日となります。


8月中旬より、大量の仕事を頂いた事をきっかけに、利用者個々の得意な作業への配置転換をおこないました。
現在、事業所で受けている仕事は ① 書類の電子化作業 ② リサイクル衣料品の値札付け作業 ③ 自動車部品の組立て作業 ④ 箱の組立て作業となっています。

単発で入る仕事として、新聞袋折、電化製品の電池抜き、電子部品の組立て、研修資料作成作業があります。

工場以外の仕事では、高齢者施設での洗濯・清掃業務、公園外構清掃、公共施設外構清掃です。

作業の得意不得意は、日ごろから支援に入る職員が利用者の作業能力や作業理解度、順応性を分析し配置を考えます。能力や理解度の分析が曖昧な場合は、その作業に1日参加をしてもらい、適切な配置なのかを見極めます。



① 書類の電子化作業では、まずパソコンやスキャナーの操作、物の順番、規則性を理解して一日集中する事ができる利用者を配置。

IMG_3477.jpg

② リサイクル衣料品の値札付けは、衣類や装飾品を扱うため、まず衛生面に気を付ける事が大事。また、衣類をたたむ、決められた場所に値札をつける事ができる。


IMG_3478.jpg

③ 自動車部品の組立ては、決められた事ができ、大量に同じ作業を繰り返してもミス(不良)を最小限しか出さない。治具があれば、その作業を完璧にこなす事ができる。


IMG_3479.jpg

④ 箱の組立ては、同じ作業を一日中取り組める。箱を手順通りに折れる。

IMG_3480.jpg

こうして作業種ごとに求められるスキルと、利用者個々の作業能力、理解度や順応性でグループ分けをおこない、それぞれが活躍する配置へ組んでいます。

みらい社職員



✐管理職研修を行いました

法人事務局

藤沢育成会では、等級別に様々な研修を実施しています。

先日、管理職を対象とした研修を行いました。

今回は社会福祉法人みその事務局長井上様を講師にお招きし

予算会計制度の概要をテーマにご講義いただきました。

予算・会計制度のねらい、根拠法令等の知識から始まり、

実際に予算、事業計画を立てる上での

ポイント・注意点・経営分析の方法等についてお話しいただき、

次年度の計画策定時期を迎えるにあたり、

非常に参考に出来る内容でした。

今回の講義で得た知識を活用し、

利用者のお一人お一人の生活に繋がるよう

サービス提供、事業運営を進めていく所存です。

法人事務局

200828 管理職研修 【予算会計制度の概要】 (1).jpg

▲写真:講師の前にはアクリル板を用意

マクドナルドで昼食を買おう♪

サービスセンターぱる

こんにちは!

放課後等デイサービスカラフルのコミュニケーションクラスでは、夏休み期間中、マクドナルドへ昼食を買いに行きました。

新型コロナウイルスの影響により、例年のような外出&外食を行なうことは難しい・・・でも夏休みだし、子ども達には楽しみながら社会経験を重ねてほしい・・・ということで、今回は、テイクアウトにしました。

あらかじめ食べるものを決めている子、メニューを見て考えている子など、様々でした。

いざ注文となり、店員さんを前にすると「何て言うんだっけ・・」と緊張した様子。スタッフが声を掛けたり、店員さんが一つ一つゆっくりと尋ねてくださったりしたことで、みんな無事に注文することができました。

また、新型コロナウイルスの感染防止策として取り入れられている、ソーシャルディスタンスを保つための立ち位置の目印(足形マット)のおかげで、落ち着いて順番を待つことができました。

〇いんくるツアー[保育実習Ⅲオンライン授業特別講義]✎

法人事務局

先日、いんくるツアーのひとつとして

鶴見大学短期大学部の学生の皆様を対象に

オンラインで「保育実習Ⅲ オンライン授業特別講義」を行いました。

コロナ禍の中で、学生の皆様が

福祉施設での見学や実習が難しい中、

藤沢育成会として何かお手伝いをしたいと考え、実現いたしました。

当日は大学の講義2コマ分の時間で

湘南あおぞら、湘南ゆうき村、湘南だいちの3か所を

紹介動画と施設の支援職員による質疑応答で行いました。

無題.jpg

▲写真:湘南あおぞらの紹介動画の一場面

学生の皆さんからの質疑応答では

鋭い質問もあり支援職員にもよい刺激になりました。

今後もいんくるツアーをとおして、

藤沢育成会の活動を知っていただく機会を提供します。

法人事務局

運転シミュレーターを使って自己点検!

よし介工芸館
アートスペースわかくさ

8月21日(金)に、有限会社リプロさんより「運転シミュレーター」を借用して、よし介工芸館内で安全運転に関する運転適性診断を実施しました。

20082シミュレーター (2)改訂.jpg

今回、運転業務についている職員を優先とさせて頂き、15名の職員が30分刻みのスケジュールでシミュレーターを体験しました。

適性診断の内容は、「反応の速さとむら」「操作の選択と速さ」「正確なハンドル操作」「複数の課題への注意配分」の4つの課題を進めていく内容でした。

2020シミュレーター(5)適正診断票.jpg

普段運転している車との感覚の違いがあり、体験した職員は四苦八苦しておりました。体験時間は約25分程です。終わった時には皆さん、相当緊張と集中をして疲れた様子でした。

シミュレターでの体験を通して、各自の運転のクセや上手くできていること、改善が必要なこと等、各々の気づきがあったようです。このことを踏まえて改めて安全運転を意識した良い機会でした。

よし介工芸館 G