日記

アートスペースわかくさのスタッフ日記

「天気が良いので・・・」

アートスペースわかくさ

こんにちはアートスペースわかくさです。

わかくさは定員20名の小規模の生活介護事業所で車両1台で送迎を行っています。

5月某日、快晴の日に我がわかくさの愛車はエスクァイアを洗車しました。

洗車をやりたい人を募り、数名の精鋭部隊を結成!!

いざ、洗車

カーシャンプーをつけたスポンジで車体をゴシゴシ。

写真②.JPG

車体全体を洗ったら、水で流します。

写真③.JPG

流し終わったら、拭き上げ。

写真④.JPG

車内も掃除機できれいに。

写真⑤.JPG

綺麗に完成です。

写真⑥.jpg

これからも、小規模事業所の強みを生かし日中活動の中で、色々と楽しいことをやっていきます!!

今後も、日々の活動場面を切り取って紹介して行きますのでよろしくお願いいたします。

アートスペースわかくさ

「藍の種まき!!」

アートスペースわかくさ

こんにちは。アートスペースわかくさです。わかくさでは、機織り、ビーズ製品、刺繍で創作品を創る活動をしていますが秋には藍のたたき染めをおこなっています。

写真②.JPG

たたき染めに使う藍は毎年、春に種まきをして水やりをして育てています。

今年度も恒例の種まきを行いました。

写真③.JPG

藍の種です。

写真④.JPG

写真⑤.JPG

今年もすくすくと育ちますように・・・

写真⑥.JPG

また、日々の活動場面を切り取って紹介して行きますのでよろしくお願いいたします。

                                         アートスペースわかくさ

【MOTTAINAI‐ARTシリーズ】はぎれ編②ふくろう

アートスペースわかくさ

こんにちは。今日は、わかくさのはぎれを使った楽しいワークショップのお知らせです。

アートスペースわかくさでは、毎週金曜日にさまざまな創作活動を行っています。ここ数年、ワンガリマータイさんが提唱したことで世界共通語になった【MOTTAINAI(もったいない)】という視点も大切にし、端材を利用した創作活動も行ってきています。

そこには私たちが日頃使用している材料は、その多くがご寄付や大事な予算で購入しているものであり、この創作活動は、ご利用者の創作の幅を広げるとともに、大切な材料を無駄なく使いきる社会的に有益な活動もみんなでしていきたいという願いがこめれらています。もったいないという言葉や感覚は、もともと日本人には馴染み深いものですよね。

今回は、皆さんに手織布のあたたかさを感じていただける体験イベントのご紹介です。

ご利用者が織った手織布のはぎれを使ってふくろうを作るワークショップです。

↓↓↓交流会のチラシは、こちら ↓↓↓

交流館チラシ.pdf

藤沢宿交流館で5/17(火)に2回 行われるワークショップです。

ご利用者が織った手織布のはぎれを使って、かわいいふくろうを作ってみませんか。

手ぶらでのご参加でも大丈夫!大知里とよ子先生がやさしく指導してくださいます。

ちょっとチラシを詳しくご紹介しますと...

≪織布で作るフクロウさん≫

5/17(火曜日)①午後1時~午後2時 ②午後2時30分~午後3時

アートスペースわかくさで作ったカラフルで味わいのある織布の端切れを活かして、オリジナルで楽しいフクロウさんを作ります。すべて手縫いの作業です。

材料・道具もすべて用意しますのでお気軽にご参加ください。

親子や兄弟フクロウを作れるよう、織布をたくさん用意します。

講師 蔵のチクチク 大知里とよ子

対象 大人

定員 各10

参加費 500円(何匹か作れる織布付き)

はぎれ.jpg

大きな瞳がかわいいふくろうは、日本では古来より縁起物として喜ばれています。

昼も夜も目が利くことから「見通しが利く」「世間に明るい」とか・・

語感・当て字がおめでたさをイメージさせる「不苦労」「福籠」「富来老」とか・・

首がぐるりと良く回ることから「金運の象徴」とか・・

そして、西洋では神話に基づいて「森の賢者」「知性の象徴」などなど・・

そんなかわいい縁起物を手作りできるワークショップです。是非、ご参加ください。

先着順でお電話の受付をしておりますが、まだ定員に若干名の余裕があるそうです。

身近な場所で、わかくさの MOTTAINAI-ART をご自身で体験してみませんか。

よろしければ、ふじさわ宿交流館さんへお早めのお電話をお願いいたします。

連絡先

藤沢市ふじさわ宿交流館(遊行寺 入り口 総門前)

電話 0466-55-2255

ふじさわ宿交流館さんでは、他にもさまざまなイベントが企画されています。

詳しくは下記のホームページをご覧ください。

https://fujisawashuku-kouryukan.com/

今回は、はぎれのワークショップのご案内でした。

アートスペースわかくさ

「鯉のぼりを見に行きました!!」

アートスペースわかくさ

こんにちはアートスペースわかくさです。

新緑が美しい季節になりました。皆さまはゴールデンウイークをどのようにお過ごしでしょうか?

アートスペースわかくさでは3連休も稼働していましたが、せっかくのゴールデンウイークなので、季節を感じに茅ヶ崎の里山公園に鯉のぼりを見に出かけました!!

春風が心地よいなか鯉のぼりを探しに園内を散策。

写真②.jpg

鯉のぼりが見えると、「すご~い」「きれいだね」と歓喜の声!!

写真③.JPG写真④.jpg

好天にも恵まれ楽しい一日になりました。

写真⑤.JPG

また、日々の活動場面を切り取って紹介して行きますのでよろしくお願いいたします。

アートスペースわかくさ 職員一同

【MOTTAINAI‐ARTシリーズ】はぎれ編①

アートスペースわかくさ

こんにちは。もうすぐ 子どもの日 ですね。

アートスペースわかくさでは、毎週金曜日にさまざまな創作活動を行っています。ここ数年、ワンガリマータイさんが提唱したことで世界共通語になった【MOTTAINAI(もったいない)】という視点も大切にし、端材を利用した創作活動も行ってきています。

そこには私たちが日頃使用している材料は、その多くがご寄付や大事な予算で購入しているものであり、この創作活動は、ご利用者の創作の幅を広げるとともに、大切な材料を無駄なく使いきる社会的に有益な活動もみんなでしていきたいという願いがこめれらています。もったいないという言葉や感覚は、もともと日本人には馴染み深いものですよね。

今後、このスタッフ日記を通じて、さまざまなMOTTAINAIから生まれた創作物を紹介していけたらと思っています。

今日は、手織布のはぎれを使ってかわいい鯉のぼりが完成したのでご紹介します。

機織りの日中活動で皆さんが織った手織布は、マフラーだけでなくポーチやバッグ、ブックカバーなどに加工されていきます。その際にどうしてもはぎれが生じてしまうのです。こんな素敵なはぎれをそのまま捨ててしまうなんて...MOTTAINAI(もったいない)!

さぁ、そこで...。

はぎれを鯉の形に切って・・

創作中①.jpg

ボンドを付けて・・

創作中②.jpg創作中③.jpg

吹き流しの残糸を付けて・・

創作中④.jpg

はい、完成!

完成品①.jpg

手のひらサイズの鯉のぼりです。

日々の暮らしにちょっとした季節感を、気軽に取り入れていただけますように。

わかくさの店舗をはじめ、わいわい市(藤沢店)、ダンケさんでも販売中。

一個300円です。受注も承ります。お気軽にお声がけくださいね。

アートスペースわかくさ

藤沢市用田602-3

電話 0466-49-5553

E-Mail wakakusa-sienf-ikusei.or.jp

わいわい市藤沢で、小さな「いちご狩り」を楽しみませんか。

よし介工芸館
アートスペースわかくさ
湘南ゆうき村

こんにちは!よし介工芸館・アートスペースわかくさです。

4月に入り、わいわい市藤沢に出店している商品のリニューアルを行いました。

その中で、アートスペースわかくさから小さな「いちご狩り」を感じられる商品を出品しました。

他にも、こいのぼりの置物、春夏向けの機織りバック等‥ 利用者の感性を感じられる商品を出しておりますので近くを通った際には是非お立ち寄りください。

わいわい市藤沢には、藤沢育成会の「湘南ゆうき村」「よし介工芸館」「アートスペースわかくさ」の商品が出品されています。毎週水曜日が定休日となります。週末は、多くのお客様でにぎわっております。

0421わいわい市 (1).JPG

0421わいわい市 (6).JPG0421わいわい市 (5).JPG