施設長・課長日記

  • home
  • 施設長・課長日記
藤沢育成会 施設長・課長日記 | 最新の日記
「選ばれてきたいのち」(事務局長 石塚 和美)

2018年、夏。一段と暑いこの夏に新しい命との出会いがありました。

小さな指先、か細い泣き声に沢山のエネルギーと幸せをもらえます。子どもたちはみんな天使のようです。

 私には二人の子どもがおりますが、二人のあいだに流産した子どもがひとりいます。

たった8週間、おなかの中でしか生きなかったいのち。当時の私は仕事をしておりましたので、原因は自分にあるのかなと悩んだこともありました。医師からは週数間で流産してしまった場合、原因がわからないものがほとんどだと聞きました。きっときちんと着床しなかったのだと自分に言い聞かせました。

だから、この世に生れ出たいのちは選ばれて生まれてきたいのちだと思うのです。せっかく選ばれてきたいのち。他の命から、自分のいのちの価値についてや判断を誰もがされたくないと思うことでしょう。

 

 1945年8月15日。第二次世界大戦が終わりました。私の母は戦前生まれ。

当時小学校低学年だった母。私が子どものころ、戦争の話をよく聞かされました。小学校では竹やりを突く練習をしたこと、横浜の大空襲で焼夷弾の下を逃げまわったこと、母方の祖父の田舎・秋田へ疎開した時の楽しかったこと、つらかったこと。戦後横浜へ戻ってきたころのこと。人の死やつらく大変だった話がほとんどですが、子どもとして楽しかった、面白かった思い出もたくさん聞きました。

戦争は兵隊さんや大人だけではなく、子どももたくさん亡くなりました。

母が私の子どもたちに戦争の話をしたときに、「ばあばが大空襲を生き延びていなかったら私たち生まれていなかったね」と話しているのを聞き、全くその通りだと感じました。

今でも母は、飛行機の音と食べ物を粗末にするテレビ番組が嫌いです。

 

新しいいのちが無事に育っていきますように。

この夏は今まで以上に、平和を祈る夏となりそうです。

ひまわり.jpg

>>・・・続きを読む

遺していくもの(よし介工芸館・湘南だいち 伏見康一)

いま、東京国立博物館で「縄文展」が開催され、遺跡めぐりや土偶などが注目を集めているようだ。私が住んでいる大和市つきみ野はおよそ2万年前の旧石器時代から狩人が暮らしていた土地で数多の遺跡が発掘された場所である。思い起こせば母校(中学)の中にも遺跡があった。広範囲に渡る宅地造成工事が行われたからこそ、数多の遺跡を発見することが出来たのではないか、と推察できる。

 

なぜ、この地で暮らしたのだろう。近所にある「大和市鶴舞の里歴史資料館」に行ってみると当時の地形図があった。それによると「境川」と支流である「目黒川」沿いに遺跡が点在していることが判る。川沿い、しかも小さな川沿いこそが生活に適していたのだろう。考えてみれば農耕のみならず、漁、物流もこなせる。また水力を利用した動力装置などもきっと存在していたのだろう、と想像に及ぶ。

 

古代より水等の自然の恩恵を多分に受けて人々の暮らしが成り立っていることをまずはあらためて受容したい。ただし時として人類に牙を向き、命すら奪う自然の猛威に対してはなすがままされるがまま、ではなく、人類の英知をつぎ込んで向き合い続けるべきであろう。身の程を弁えずに無様な抗いを繰り返していては未来に遺すものは水の泡と化す。現代の産業において自然エネルギー以外の膨大なエネルギーが求められることは甘受せざるを得ないが、廃するまでの責任を先送りにした結果の「負の遺産」を未来に遺してはいけない。

 

夏を迎えた時、暑さと共に感じる「凛とする気配」は「平和であることへの祈念」が融和した空気が漂っているからこそだと思う。恒久的に平和であるということは、古きを学び、自然を受容することでもあるのだと、この暑さとともに感じている。

月見野遺跡案内板.jpg

鶴舞の里歴史資料館.jpg                                         ↑ 大和市鶴舞の里歴史資料館

月見野遺跡地図.jpg

>>・・・続きを読む

「最近思うこと・・・」(湘南ゆうき村・相談支援プラザ 河原雄一)

猛暑、大阪の地震・台風12号等、最近の気候変動や自然災害が気になるところです。

西日本大豪雨で、お亡くなりなられた方々のご冥福を心からお祈り申しあげます。また、被災された方々の一日も早い生活再建も心からご祈念申し上げます。

日本知的障害者福祉協会等では、義援金と言う形ですが、少しでも被災地のお役に立てるよう今現在募金活動を行っています。

さて、自然災害で起こったことへの怒りは、持っていきどころが難しいです。そんなことを思いつつ、インターネットを見つけた「職場で怒りに対処するための10のヒント」を紹介いたします。

 

「職場で怒りに対処するための10のヒント」

1. まず心と体のバランスをとる

 ・深呼吸を1回のみならず、3回はすること。5秒かけて息を吸い、7秒かけてゆっくり吐き出し、最後に強く吐き きる。感じ方がすぐさま変わる様子にきっと驚くだろう。水を飲んだり、炭水化物をカットしていない軽食をとったりする。物理的に環境を変えるのもよい。特に、外に出て仕事と関係のないもの(花やビルボード、人々の顔など)を意識的に見るのが効果的だ。

2. 感情と行動を分ける

 ・怒りを感じるというのは感情で、それに対してどう反応するかが行動で、それには計画と戦略を要する。大衆向けの心理学では、感情を抑圧せずに表に出すようアドバイスされることがあまりに多いが、実際のところそれが望ましいケースは多くない。感情を出していいのは、それが生産的で、その感情の激しさが収まった時だけだ。

3. 対立しない

 ・得るものや失うものといった結果をよく考えず、怒っている相手とやり合わないこと。

4. この怒りは何か他の理由で増幅されているのでは、と考える

5. 自分にも責任がないかを考える

 ・チームでの議論中、十分に発言しなかったのでは? こうなればいい、と心で思っていただけで、自分が求めるものを実際には口にしなかったのでは?

6. 起きた出来事について、24時間経つまでは誰にもメールしない。

7. 職場で同僚相手に文句を言う際には、細心の注意を払う

8. 頭の中で現状に関するストーリーを作る

 ・怒りが生じた瞬間までの経緯をできる限りさかのぼった上で、今度は未来に向かってストーリーを想像する。似たような映画やテレビドラマを思い出せるならそれもいい。そこに、これまで見たこともないヒューマンドラマを見出すことはまれだ。人々はずっと昔から互いに怒りを感じながら生きてきた。自分だけではないのだと感じ、落ち着くことができるだろう。

9. 仕事に戻る

 ・どんな仕事でもいい。怒りが激しければ激しいほど、より具体的な仕事に集中力を傾けること。例えば、TODOリストの再作成、付箋の整理、机の掃除、迷惑メールの処理など。少し落ち着いたら、もう少しやりがいのある仕事(プロジェクトの作業や新しい著作物の執筆など)に取りかかろう。

10. 仕返しをする

 ・冗談を言っているわけではない。ただ、これには長期的な視点と極端な注意を要する。不当な扱いを受けたり、無視されたり、恥をかかされたりした場合は、間違いを正すにはどうするのが一番いいか考えること。詩人のジョージ・ハーバートが残した次の賢明な言葉を心に留めておこう。「幸せに暮らすことこそが最高の復讐(ふくしゅう)だ」

 

以上10個のヒントの中に、「考える」というアドバイスが多く含まれていることに気づいたかもしれないが、これは偶然ではない。怒りは激しい感情であり、激しい感情は誰しもが持つものだ。職場で成功するというのは、自制心と規律を保つことを意味する。つまり、行動する前に考えること、そして激しい感情が落ち着いてから行動を起こすことだ。

(Forbs  JAPAN記事から掲載)

 

怒りの感情を持っている自分に気が付いて、感情に任せないで冷静に対応する・・・・。頭で解っていても、実行に移すのは難しいです・・・・。何歳になっても日々精進です。

まだまだ猛暑がつづきますが、暑さ負けしないように。ファイト!!

夕陽の写真①.jpg

 夕陽の写真②.jpg

>>・・・続きを読む

ひまわり畑(湘南セシリア・みらい社 佐藤貢)

梅雨が明けたと思ったらいきなりのこの猛暑、さすがに堪えますね。みなさま、お体を十分にご自愛ください。

さて、私のささやかな趣味の一つに四季の花の観賞があります。のんびりと花を眺めながら花の表情をカメラに収めていくのですがこれが意外とむずかしいのです。特に広大な敷地に広がるひまわり畑は圧巻でぜひ、全部が一方向を向いている迫力を撮りたいのですがなんだかイメージ通りに撮れたことがありません。全体の数がイメージできるように引きでとるといっぱいあることはわかるのですが一輪一輪の個性が見えなくなってしまいます。ぐっと寄って撮ると一輪一輪の個性と迫力はでるのですが、全体のイメージがわからなくなってしまいます。当たり前の事ですが、しかたがないので結局いろいろな角度や距離でたくさん撮って、この写真ではここが引き立つ、この写真ではここがいい、といった感じでひまわりを愛情を持って、かつ全体の調和を考えて撮るのがいい写真を撮る秘訣かななんて思います。気持ちを込めずになんとなく撮ると案の定、つまらない写真になってしまいます。

 

これってチーム作りに似ていますね。

 

画像1.jpeg

画像2.jpeg画像3.jpeg

>>・・・続きを読む

「第42回 夏の夜の夢」(湘南あおぞら・サービスセンターぱる 倉重 達也)

今回は、寝苦しい夜が続いたこともあって、少し突飛な夢のような話を一つ。

 

 日本の政治もイギリスやアメリカのような2大政党制が望ましいという声が随分前からあるようです。政権交代がしやすく一党独裁的になりにくいという利点があるからのようですが、政治において既にそうなら、政治の話の前に、人類には男性と女性という二大政党が存在するのですから、ここらへんで思い切って、男性と女性が代わり番こに政権交代を進めてみたらどうでしょうか。こんなにも男性の長期政権が続いている惑星は他にはないでしょうから。

 

 思いつくままに挙げると、国会議員、地方議員を問わず議員は女性の中から選出すること、そして議員だけではなくあらゆる組織の長も役員も女性と男性がそっくり入れ替わるようにすること。

結婚した夫婦の姓は女性の名前を採用し、子どもが生まれれば育児休業は男性が取得し子育てに専念すること。

さらにはパイロットも新幹線の運転手もタクシードライバーも全員女性が担い、スチュワード、車掌は男性が担うこと。

家庭内のことにおいても洗濯、掃除や針仕事一切を男性がおこない、料理も「女子厨房に入るべからず」とばかりに男性がお米とぎから皿洗いまでおこなうことにする、違反したら罰金を一事案につき3万円を課すなどなど。

 

 当然、政権交代が発想の源ですから、このことには一定の期間を設けて、女性が独裁者にならないような仕組みも考えなければいけませんが、当面は男性陣にはお灸を据える意味で最初は長期政権を保障してあげても良いかも知れません。

 その上で、男女の比率を55分にする。そうしたら女性の良い点も、男性の良い面もうまいぐあいに合わさって理想的な社会ができるかも知れません。

 

 こんな夢想を抱いたのは、女性が活躍する場面が増えてきてはいるものの、未だに男性社会が優位だと感じることが多いこと、そしてまだまだ男性中心の社会が続くことが予測できることと、それにも増して男性陣の目に見えない抵抗が続いて、男女平等を実現するのには数百年単位の時間がかかるのではないかと思ったからです。

 

 でも、こんなことは突飛でも何でもなく既に誰かが夢見ていたことかも知れません。

 

                                                                                                      以上

 

      写真「よし介工芸館も出展している慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスの七夕祭り」

第42回 写真.jpg

>>・・・続きを読む

ページトップへ
最新のおしらせ

過去のお知らせ

<   2018年9月
            1
2 4 5 6 7 8
9 10 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30